直翅目詰合せ(閲覧注意 ^^;)

  • 2020.05.28 Thursday
  • 11:57

 

2回のカンボジア旅行で、やりたい事リストの上位にあったのがタランチュラを食べること。ただ、1度めの旅行では、プノンペンのセントラルマーケットにあるタランチュラ屋さんが休日でありつけず。2度めの旅行では、前日に生胡椒を食べ過ぎてひどくお腹を壊してしまって断念。けっきょくまだ昆虫食にはトライ出来ていないのです。

 

とは言え、思い起こせば子供の頃、おばあちゃんちの納屋には畑でとれたさつま芋で作った飴が一斗缶に保管されていたのですが、おやつにその飴を食べようとフタを開けると、表面はアリだらけ。生きたアリごと平気で食べてましたっけ。

 

先日ツイッターで、無印良品が「コオロギせんべい」なるものを、インターネットで先行発売するという投稿を見かけました。

 

 

 

 

コオロギせんべいは5月20日に発売されましたが、あっという間に完売(今日確認したところ在庫補充済)。でももう昆虫食のスイッチが入ってしまっていた私は、ネット通販でコオロギ・バッタ・オケラの詰合せセットをポチっと。

 

世界の人口は77億人。30年後には100億人を超えると予測されており、食糧問題は深刻なものになりそうです。現在でも世界の20億人が2,000種類の昆虫を食べているとのこと。以前から見習うべきだと考えてはいたものの、これがなかなか(^^;

 

人間は食肉用動物に与える飼料を育てるために世界中の農地の77%を使用。しかし食肉用動物から得られるカロリーは全体の17パーセント程度です。タンパク質1kgを生産するために必要なエサの量は牛で10kg、コオロギでは1.7kg。同じく水の量は牛で22,000L、コオロギでは4L。温室効果ガス排出量は牛で2.8kg、コオロギでは0.1kg。環境負荷の面でも圧倒的ですね。

 

 

昨日ブツが届いたので、さっそく食べてみました。

味も食感もほとんどエビですね。もう少し塩味が強めならビールのおつまみにピッタリな感じ。

 

 

 

 

食文化は、自分が所属する国や民族のアイデンティティを構成する要素でもあります。そこに愛着が生まれるのは自然なことですが、固執しすぎてしまうと摩擦を生むことも。しかし、同じ動物でも昆虫であれば、たくさん食べてもあれこれ言われることはないでしょう(^^;

今はゲテモノ扱いされている昆虫も、いずれは食べやすいかたちで当たり前のように食卓に並ぶ日が来るような気がしています。

だからと言って、朝昼晩昆虫ばかり食べるのはカンベンですが。

 

 

下の写真は昨年暮れにプノンペンで撮ったもの。今回私が食べたバッタのサイズの倍はありそう。もっと修行を積まねばです。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
私の子供時代には、フナやドジョウと同じ感覚でタニシが食卓に載せられておりました。ですが昆虫までは食べた記憶が御座いません。キリギリスやバッタなど、水稲の成熟期によく見かける昆虫類に対して、稲が好きなんだから俺達と同類なんだ!と言った親近感は有りましたが、(積極的に)食ってやろうか?などとは夢にも思いませんでした。ところが終戦後の異常な食糧難時代に、本州の某県で学生生活を送った私は、下宿の小母さんが出すバッタとおぼしき昆虫を、口にしたような気がします(ごく稀なメニューでしたが)。いま検索で「昆虫料理」をインプットしますと、次々と豊富なメニューが出現するのに驚きました。では。
  • 山野隆康
  • 2020/05/29 1:21 AM
山野さま
私も田んぼのバッタやキリギリス、コオロギなどは鳴き声を含めて可愛さが記憶に残っています。私の実家も農家で、戦時でも食糧には困らなかったと聞いていましたので、昆虫食は身近なものではありませんでした。
患者さまに昆虫食の話をしましたところ、かなりの数の方が経験済みで意外でした。
次に山野さんが来院されるまでブツをお取り置きしておきましょうか?(≧▽≦)
  • 松本
  • 2020/05/29 8:53 AM
き、きっついですね。
食べずに済むなら、食べなくてもいいって、思ってしまいます。しかし食料難に向かうためには、、、うー。
思い出してみると、子供の頃は、おばあちゃんから、秋になるとイナゴを取ってくるように指令がでで、学校から帰った後の遊びは、田んぼでイナゴ取りでした。
佃煮のような感じで食卓に出されていました。

  • 青トゥーラン
  • 2020/05/30 3:18 PM
青トゥーランさま
東北や長野県出身の方に訊いてみて、イナゴ食の経験者の多さに驚かされました。やはり厳しい風土が育てた食文化なのでしょうね。
食料危機が来たらきっと、みんな否応なしに何でも食べるようになるのだと思います(^^)
  • 松本
  • 2020/05/31 9:07 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM