どんどん暑くなれ〜!

  • 2020.05.05 Tuesday
  • 15:15

 

コロナ禍、少しづつ感染者数が減少する傾向が見られるものの、まだまだ油断できない状況ですね。ここのところの暑さでヴァイラスなあいつが弱ってくれることに期待!

 

さて、心身のコンディション維持のために、この日曜日もノンビリ荒川サイクリングロードを走って来ました。

朝の走り出しで18℃。日中は夏日になるとの予報でしたので、今年お初の夏装備で出発。ウォーマー類を身に着けずに走ると、身体だけでなく心の自由度も上がる気がします。

 

 

 

 

 

 

 

荒川河川敷のスポーツ施設も、そのほとんどがガランとしていて不思議な感じ。

 

 

 

 

 

 

じつは、この日のサイクリングには目的がありました。サイクリングロード沿い、入間大橋を越えたあたりにある「三又沼ビオトープ」の小さな手作り看板がいつも気になっていて、連休で時間に余裕があるこの日こそ、その正体を突き止めてやろうと意気込んで出かけたのです。

サイクリングロードから農道を数百メートル進んだ場所がビオトープなのですが、途中で田植えのおじさんのおじゃまを(^^;

田植え機が転回した部分を手植えされていました。

 

 

 

 

ビオトープ内のグラベルロード。三又沼までは200mほどだったでしょうか。新緑の小径の心地よさは格別でした。

 

 

 

 

三又沼到着。迂闊にもサイクリングシューズで来てしまったものですから、核心部分に深く分け入ることは出来ませんでした。

 

 

 

 

ミドリシジミは、1991年に埼玉県の「県の蝶」に指定されています。昆虫を県のシンボルに指定したのは埼玉県が初めてだそうです。ミドリシジミはハンノキの枝や幹に卵を産みつけます。4月〜5月、ちょうど今時分に孵化した幼虫は、新芽の中に入り込んで若葉を食べ、大きくなると葉を巻いてその中に隠れ住み、葉が硬くなる6月頃には蛹になってその後羽化するそうです。三又沼周辺にはハンノキがたくさん植えられていました。この看板の上にかぶさる葉もハンノキです。

 

 

 

羽化した荒川のミドリシジミ。写真は蝶を撮る趣味の方のブログから拝借しました。 か、かわええ!

 

 

 

 

その後は物見山へ。この日の二つめの目的地はここ。何度走りに来たのか分からないほど通った物見山ですが、いつも麓にある「足利基氏館跡」の看板にそそられながら素通りしていました。足利基氏は足利尊氏の次男です。鎌倉公方として東日本に睨みを利かせていました。

ただ、ここは水堀のあとが水田として残っているだけでほかの遺構は何も。 とは言え、ビオトープとここに来れたことで、10年来気になっていたことがスッキリしました(^^)

 

 

 

 

 

60年も生きているのに、アヤメとショウブとカキツバタの区別がつかない私は、種まき中のおじさんに聞いてみました。

私より年上のおじさんも分からないそうです。ふたりで「そんなん知らなくても生きていけますもんね?」「ねー」という、子どもみたいな会話をして失礼しました(≧▽≦)

 

 

 

 

帰りの入間大橋。河川敷で虫捕り中の兄妹。お隣に佇む木は台風19号の影響で傾いだまま。

 

 

 

 

まもなく荒川CR離脱というところで、路面をモニョモニョ動く何かを発見。全長5cmほどのクサガメの子どもでした。こいつもかわええ!

 

 

 

 

 

あちこちで油を売りまくっているうちに、帰路にはどんどん南風が上がってしまい、ヨレヨレで帰宅しました。 その分、お風呂とビールはサイコーでしたけどね!

緊急事態宣言は延長されてしまいましたが、たしかに自粛の効果は上がって来ています。あと少し辛抱すれば、きっと日常が帰ってくると信じて頑張りましょうね(^^)

 

 

 

 

 

 

コメント
自粛ムードの強まる中、只管邪魔者にだけはなるまいと、黙々と人通りの少ない石神井町6区内の住宅街を散歩しながら、日々を過ごしています。先月以来の脚の浮腫の治癒のために、お勧め戴いた散歩を続けております。お陰さまで右脚の方はかなりはっきり治ってきました。左右公平に負荷させながら歩いているつもりですが・・・?。11枚目のお写真「何れが菖蒲か杜若」は太平記の時代から言われていることのようですね。勿論私もちんぷんかんです。只美しいものだけが得をする風潮を、21世紀以降も続けて行く事への反省も必要なのでしょうね。ではまた。
  • 山野隆康
  • 2020/05/05 6:33 PM
山野さま
むくみの改善、何よりです!
世の中がもう少し落ち着くまでは、今の過ごされ方を継続されて下さい。こんなときは楽器という友達の存在がほんとうにありがたく感じられますね。
最後の一文の山野さんらしい上品な毒、大好きです(≧▽≦)
  • 松本
  • 2020/05/05 7:17 PM
もう夏装備で行けるような気候になったんですね。
人間はこんなに怯えて制限された生活をしているのに、自然や動物たちは、何一つ変わらず生命活動を続けているんでしょうね。というか、人間が一番怖い存在かもしれませんね。

まだまだ自粛自粛ではありますが、出口を信じて、できることをやるしかないですね。
  • 青トゥーラン
  • 2020/05/06 3:38 PM
青トゥーランさま
サイクリングやジョギングは自粛対象ではないものの、ひたすら自宅で我慢している人たちのことを考えると、積極的に発信するべきではないのかも知れません。
ただ、あまりにガラガラの土手がもったいない気がしたのです。密にならない工夫をした上で、お散歩なんかすればいいのにと(^^;
おっしゃる通りですね。しんどいのももうちょっとだと信じて頑張りましょう!
  • 松本
  • 2020/05/07 9:37 AM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM