魅力的な声はD?

  • 2019.10.09 Wednesday
  • 16:03

 

最近youtubeのおすすめでちょくちょく出てくる「Char meets 〇〇〇〜TALKING GUITARS〜」という動画。 私も昔すこしだけギターを弾いていたことがありますので、つい見てしまいます。 CSのフジテレビONEで放送されたものをアップしてあるようですが、著作権的なことはよく分かりません。

 

番組はギタリストのCharが、同じくギタリストのゲストを招いて楽器や音楽についておしゃべりしたり、セッションを楽しんだりする内容。 昨日見たのはウクレリストのジェイク・シマブクロがゲストの回でした。 収録は2007年のようですのでCharも若いしジェイクもまだ初々しい感じ。

 

ムッシュかまやつや布袋寅泰など古くからのミュージシャン仲間とのおしゃべりは、古いエピソードやギョーカイの裏話などが面白おかしく語られるのですが、ジェイクとはステージでの共演はあったものの、じっくり話すのは初めてのよう。

 

私はウクレレを再開してまもなく2年。以前は1年で飽きてしまったのですが、今回はまだウクレレ弾きの端くれですし、ジェイクのアレンジも何曲かコピーさせてもらっていますので、正座する気持ちで見させてもらいました。

 

ジェイクの音楽のルーツであるハワイの伝統音楽について、また自らの音楽観についての話は引き込まれました。 言葉の選び方や表情から人間性が伝わって来ます。

 

ふたりの会話の中で、二つほど印象に残ったやりとりがありました。
最初のセッションのあと、ジェイクが「音楽はコミュニケーションをより親密にしてくれる」と切り出し、「音楽を介すると親友だと思えるのに一緒にコーヒーを飲んだりしてもほとんど会話が弾まない」と音楽の不思議さを語り始めました。 するとCharも、15年続けたバンド(たぶんJohnny,Louis&Char)の頃、音楽での意思疎通は問題がなかったのに、あるとき音楽論をぶつけあったら大モメな事態になって解散してしまった例を挙げ、言葉でやりとりすると話の流れから思ってもいないことを口にしてしまったり、誤解が生じたりするけど、音楽でのコミュニケーションには齟齬が生じにくいという話を返しました。

 

音楽の授業で「マイナーの曲では悲しい気持ちになりなさい」なんて教わらないのに世界中の人が同じように悲しい気持ちになるのが不思議。 きっと音楽は”第六感”みたいなもので感じ取っている気がする、なんて話も。

 

言葉は主に前頭葉で処理されますが、音楽は情動を処理する辺縁系との関わりがより大きいので、より深いところで理解し合えるのかも知れませんね。 とは言え、情動を言葉に変換する際の不自由さで悶々とするのも、それはそれで”M”っぽい楽しみではありますが(^^;

 

 

あともうひとつ私が興味深く感じたのは、ジェイクの「ベートーベンは”Dmの響きはもっとも悲しい音だ”と言った」という話。 それを聞いたCharは「俺もマイナーに限らずDの音はスピリチュアルで官能的だと感じてた」と同意。

私も時おり、話の内容ではなく声の質やトーンに魅力を感じる人に出会います。私は音感の無さには自信がありますので、今まで人の声の音階なんて考えてもみませんでしたが、ぜったいD音成分が多いんだわ(≧▽≦)

 

自分は声には自信がないので、せいぜいウクレレで良い音が出せるように頑張ります!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
「Dmの響きは最も悲しい」旨の記述が有りました。ヴァイオリンの初歩的な技術しか学んでいない私には、和音(コード)を弾くことが滅多にないので、その当否に迫る能力は勿論有りません。DmのスリーコードはDFAですが、 この音をヴァイオリンで出そうとすると、DAの開放弦とE弦上のF音を1の指で押さえて一気に弾き降ろすしか有りません。悲しさを味わうには、弓の緩急を変えつつ何度も試行するしか無いと思います。それはそうとして、
ヴァイオリン族の楽器(ヴィオラ、チエロ)には、Dが開放弦に置かれていますので、ニ長調・ロ短調・ニ短調の曲がとても弾き易くなります(ただし初心者には)。嬉し悲しに拘らず、これらの調号の曲を見ると、つい弾いて見たくなる次第です。では。
  • 山野隆康
  • 2019/10/10 8:59 AM
山野さま
ヴァイオリンの基本チューニングは上からGDAEなのですね。
それをウクレレで鳴らしてみたら、やはりちょっと高尚な響きでした(≧▽≦)
ウクレレの基本チューニングはオープンGです。陽気なハワイアンにぴったりですね。
  • 松本
  • 2019/10/10 11:06 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM