あぁ、やっと春が来た

  • 2019.03.12 Tuesday
  • 17:04

 

昨冬シーズンにヘビーウィンター用のサイクリンググローブを紛失してしまいました。 平地をサイクリングするときには頂きもののバーミッツ(防寒ハンドルカバー)でどうにかなるのですが、バーミッツはドロップハンドルの下の部分が持てない構造になっており、ハードなブレーキが必要な山方面の下りには向きません。 新しいグローブの購入も考えました。しかし、買うやいなや紛失したヤツがひょっこり現われるって経験はどなたにもおありですよね?(^^; それもくやしいのでけっきょく冬場は山には行かず、荒川サイクリングロードばかり走っていました。

 

日曜日、やっと春らしい暖かさになるというので、どうしてもこの時季にしか見られないあの風景を見たくて奥武蔵の山方面へ出かけてきました。

 

 

ムーミンバレーパークは来週オープンです!

2019.3.10チャリ1.jpg

 

 

 

 

 

田中交差点のセブンのベンチで補給していたら、足元にしゃがんで離れないこのネコ。 おにぎりを少しおすそ分けしても見向きもしません。 怪訝に思っていたら、私が席を立つなりベンチの上へ。どうやら席の順番待ちをしていたようです。

2019.3.10チャリ13.jpg

 

 

 

 

 

梅どころの越生あたりでは、道路を走っていてもいい香りが漂ってきてトロ〜ンとした気分に。

2019.3.10チャリ2.jpg

 

 

 

 

都幾川のお地蔵さまにも梅の花が供えられていました。

2019.3.10チャリ5.jpg

 

 

 

 

 

都幾川沿いの斜面に立つトトロ。 なんか以前より毛並みが良くなっている気がします。夏毛に生え変わったのかしら(^^)

2019.3.10チャリ.6.jpg

 

 

 

 

 

あの風景に会うためには林道奥武蔵支線を上らなければなりません。 ひさしぶりの登坂です。 しかし、たかだか三ヶ月サボッただけでこんなに劣化するものでしょうか、のんびり上っているのに青息吐息。それでもたのしいけど♡

2019.3.10チャリ7.jpg

 

 

 

 

 

見たかったのはこの景色です。 ここからの眺めは何度もアップしているので見飽きた方があるかも知れませんが悪しからず。

あずき色の新芽が霧のように低く立ち籠めた中にポツンと佇む一本杉。ここ数年、この画こそが私にとっての春の訪れなのです。 これからこの新芽がぜんぶ新緑に変わる日を楽しみに待ちます。

2019.3.10チャリ12.jpg

 

 

 

 

 

刈場坂峠を下り天目指峠へ。 子の権現への分岐点にある祠をお掃除するお母さん。 笑顔もおしゃべりも最高に素敵な方でした。 ちょっとお話ししただけなのに半径10mくらいを覆ういい人オーラに包まれて心が安らぐ感じがしました。 老後を幸せに過ごすにはこういう人にならねばだなぁ。

左上のガードレールはネノゴンへの上り。凶悪(>_<)

2019.3.10チャリ3.jpg

 

 

 

 

 

名栗みちに下りて、初冬の頃以来の「Cafe やまね食堂」へ。 いつも以上ににぎわっていて驚きました。 どうやらテレビ番組で取り上げられたらしく、いっぺんにお客様が増えてご主人てんてこ舞い。

コーヒーカップは何種類も用意されているのに、私がこちらにおじゃまする度になぜかこのカップが出てきます。プリミティブなこの器の質感がヤナギコーヒーの素朴な風味と相まって、ふいに異空間へ。 訊けば 近くに住む縄文土器好きな作家さんの作だそう。  やまね食堂でも販売して下さるのとのことですので、次回こそ余分にお金を持参せねばです。

2019.3.10チャリ11.jpg

 

 

 

 

名栗みちの斜面に建つお宅へのスロープにちいさな木人形が。 ここはそれこそ何百回も通りかかっているのに、こんなところに人形が居たなんて気がつきませんでした。 笛を吹く姿がホピ族のココペリっぽいかな。

2019.3.10チャリ8.jpg

 

 

飯能駅に戻って電車に乗ったとたんに目と鼻に花粉症の症状が。 リラックスして走っていても、やっぱり走行時にはけっこうな量のアドレナリンが出ているのですね。 齢やら花粉やらに負けないで今シーズンもしっかり遊びます!

 

 

 

 

 

 

コメント
ポカポカ陽気のなか「名栗みち」に置かれた木人形(最後の写真)に強く惹かれました。これを造った方、一寸脚を止め愛でつつ通り過ぎる方、何方にも生きる上での苦労は有るものの、それを一瞬だけ、忘れさせてくれるココペリさんなのでしょうね。それから冒頭の「買うや否や紛失したやつが、ヒョッコリ現れる・・・」の件。私の場合70歳代に、購入済みの分厚い歌曲集を、店頭で見惚れるままに2度買って帰宅したことがありました。九十歳近くなってからは、月刊の総合雑誌を、店頭で「ああもう次号が発売されたんだ!と勘違いし、既読の号を2度買ったことさえ有ります。記憶力が衰えると、視聴済みのテレビドラマの再放送を、80%近く観るまでは、それと気が付かずに楽しむことが出来ます(笑)。では。
  • 山野隆康
  • 2019/03/13 8:07 AM
山野さま
恥ずかしながらこの齢でもう、テレビで放映される映画の半分くらいを観て「あ、これ見た」がときどきあります(^^;
年齢的にはまだ、そんな自分にがっかりしなければいけないんでしょうけど、自分の劣化がおもしろくてつい笑ってしまいます。
  • 松本
  • 2019/03/13 3:47 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM