カブ(2代目)が来た!

  • 2019.01.30 Wednesday
  • 17:35

 

いよいよ冬が本気出してきましたね、、朝夕の寒さと言ったら(+_+)

齢を取るにしたがって週末サイクリングの距離がどんどん少なくなってきているので、せめて通勤くらいは自転車でと心掛けてはいるものの、通勤距離はたった4km。今の時期、寒さで縮こまった身体で幹線道路をハァハァ頑張るのは年寄りには毒です。

なので、例年冬の3ヶ月は電車の定期を買ってしまうのですが、この冬は新たなアシを導入しました。

110ccのカブです。”新た”と言いましても2016年製、走行距離6,000kmの中古です。

 

ホンダ・スーパーカブは2012年から中国で生産されていましたが、昨年からまた生産拠点が熊本工場に戻っており、外観もファンの多い以前の丸目タイプに変更されました。

国内生産に戻ったと言いましてもパーツ類の多くはアジアの国々に生産を依存している状況は変わりません。 もちろん組み上げの精度でバイクの信頼性は変わりますが、なにせ基本設計からウルトラスーパーにタフなカブのこと、どこで生産しようが私がヨボヨボになるくらいまで活躍してくれることは間違いありません。 ということで、あえて角目の中国生産モデルを選択しました。

 

じつは以前から、街でまれに見かけるまっ黒の角目のカブが気になっていました。「あそこをあーしてこーして・・・」なんてカスタムの妄想をふくらませていたのです。 そこで今回、中古オートバイの検索サイト「グーバイク」で探しましたが、黒の角目は一都六県で5台しかヒットしませんでした。 人と同じ物を持つのが好きではない私には個体数が少ないことは願ったり叶ったり。ウシシです(≧▽≦) 

価格と程度で選んだ個体は佐島マリーナ近くのお店でした。さっそく注文して、暮れも押し詰まった頃に納車。

逗子までは湘南新宿ライナーで。そこからはローカルなバスで30分。湘南の海を見ながらウトウトし始めた頃に到着しました。

 

対面した愛車の程度は想像以上。良い買い物でした。 次男の愛車だった一代目の50ccのカブと比べると排気量は倍以上なので、加速は段違い。帰り道の国道16号や1号では、右側車線でも車の流れを余裕でリード出来ました。

 

2019.1.28カブ9.jpg

 

 

 

 

これが納車時の状態。

2019.1.28カブ4.JPG

 

 

そしてこちらが現在の状態です。

換装箇所はバックミラー、フロントバッグ(雨ガッパ用)、モリワキマフラー、オリジナルステッカー、リアトランクです。

きほん通勤用ですのでルックスよりも実用重視で。とは言えマフラー換えちゃったので燃費は60km/lを少し下回るようになってしまいましたが(^^;

2019.1.28カブ12.JPG

 

 

20191.28カブ7.JPG

 

 

色がぴったりだったので、2004年に高円寺のライブハウス「JIRIKICHI」の30周年記念日比谷野音コンサートでもらったシェクターのステッカーも。

2019.1.28カブ13.JPG

 

 

 

 

現在の自宅ガレージ。左端は私のカブと1日ちがいで納車になった長男の2019年型NINJA400。右端は次男のSR400。

次男のレガシィはマフラーが換装されており、とてもここで始動できる音量ではありませんので他所に駐車場を借りさせました(^^;

2019.1.28カブ10.jpg

 

 

 

 

オマケで初代カブの写真。スタッフ女史のお宅にドナドナされて行き、今も息子さんの通勤用バイクとして活躍しています。

2016.4.17カブ23.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
待ってました院長どのブログ。自動2輪車の事に深入りする能力は無いけど、「ひと(他人)と同じものは持ちたくは無い」気分からバックミラーや、フロントバック、マフラーなどを取り替えたという話題に共感を得ました。戦争遂行の為、民需産業を軍需産業に転換してしまった、太平洋戦争末期から敗戦後の数年間は、民衆にとって着るもの履くものを自身の好みで選ぶ余地など皆無でした。それでも朝鮮動乱が終わった頃(1953)から、衣料品などの生産が復活し始めたように記憶しています。娘さん達は、真っ赤な布地のオーバーコートが売り出されれば、皆んな揃って同じ生地のコートを着ていました。個性的な衣装をオーダー出来るようになったのは、その後のことです。でも赤いオーバーの娘さん達は、皆んな嬉しそうに闊歩していたのも事実で、幸不幸の議論は次元を揃えてからで無いと出来ませんね。では。
  • 山野隆康
  • 2019/01/31 6:15 PM
山野さま
山野さんや父親など一世代上は戦中・戦後に苦労され、息子など一世代下は不透明な将来に不安を抱え、、
私などは高度成長期に少年時代、バブル期に青年時代を過ごさせてもらって余裕があったはずなのに、結局自分のことで精一杯な人生を送ってしまったことに今更ながら恥入っております。
  • 松本
  • 2019/02/01 10:25 AM
カブ、いいですね。そしてカスタムも渋い!
新しく出たクロスカブ、気になってたりします。

時間つくって、カブでのんびり日本縦断とかしてみたいです。
とはいえ、また自転車お願いします^_^
  • 青トゥーラン
  • 2019/02/19 7:19 PM
青トゥーランさま
購入後2ヵ月が経ちました。やはりカブ110は日常のアシには最高です。
最近私はすっかり自転車濃度が薄くなってしまっていますが、木の芽がほころんで来たら、また一緒に山方面を走りたいですね(^^)
  • 松本
  • 2019/02/20 9:34 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM