狭山湖一周からの「スノーデン」

  • 2018.12.11 Tuesday
  • 18:17

 

先の日曜日はこの冬いちばんの冷え込みという予報でした。 ここ数年ですっかり意気地がなくなってしまった私は、山方面はおろか北風吹きすさぶ荒川サイクリングロードにも行く気になれず、マウンテンバイクで風の当たらないトトロの森あたりをのんびり流して来ました。

 

朝はいい天気になるのかと期待しましたが、結局すっきりは晴れず寒い一日でした。

2018.12.9狭山湖1.jpg

 

 

 

 

 

狭山湖まで舗装路で行くのもつまらないので、いつも通り八国山緑地経由で。

2018.12.9狭山湖2.jpg

 

 

 

 

2018.12.99狭山湖3.jpg

 

 

 

 

この日は ”トトロのふるさと基金” が運営する、「埼玉県狭山丘陵いきものふれあいの里センター」(←名称長いよ(^^;)主催の狭山丘陵ウォーキングが実施されていました。 すれ違うのはシニアな方が多かったかな。みなさん楽しそうでした♡

2018.12.9狭山湖10.jpg

 

 

 

 

 

八国山から狭山湖に抜ける途中にある西武遊園地。

2018.12.9狭山湖4.jpg

 

 

 

 

狭山湖南岸の六道山トレイルに着きました。 うしろ姿を撮らせてもらおうとお願いしたけど、お子はこちらの装束に興味津々でどうにも、、 

ご両親におゆるしを頂いたので載せちゃいます(^^)

2018.12.9狭山湖5.jpg

 

 

 

 

 

北岸を走っていると、いかにも風の通り道という場所で数十本の杉の木が倒れたり傾いだりしていました。 ウォーキング中のおとうさんに訊いたところ、やはり先の台風にやられたのだとか。

2018.12.9狭山湖6.jpg

 

 

 

 

まもなく東の突堤に出ようかという場所にある、ぶどう園のブドウ棚に靴。 なぜこうなったんでしょう(^^;

2018.12.9狭山湖7.jpg

 

 

 

 

北岸の路面はこんな感じのジープロード。 何人かロードバイクで走ってる方ともすれ違いました。

2018.12.9狭山湖8.jpg

 

 

 

 

この日富士山の御殿場口あたりで遊んでいたチームメイトの竹仙人さまの投稿では雪が降ってきたとのこと。「なるほどな〜」な雲がかかってますね。

2018.12.9狭山湖9トリミング.jpg

 

 

 

 

帰宅後には、先日プライムビデオで観てなんとも言えない気持ち悪さを感じたオリバー・ストーンの「スノーデン」をもう一度鑑賞。

当時、エドワード・スノーデンについて日本のメディアはさまざまな配慮からか、あまり多くの時間を割いて報道しなかったように思います。 おそらくそのせいで私自身も、彼に対してはオバマ大統領の「彼はCIAの情報を海外に持ち出したハッカーである」というコメント通りの認識でした。「ひょっとしたら彼はロシアのスパイで、役目を終えて雇い主のロシアに亡命したのかな?」とも考えました。 ところが実際はそんな単純なハナシではなかったんですね(◎_◎;)  映画を観て、とても愛国心の強かった青年が母国の不都合な機密情報を暴露するに至ったのは、彼なりの正義感からだったと知りました。 のちにノルウェーの大臣からノーベル平和賞の候補に推薦されたりもしたようです。

 

9.11以降、テロ対策の強化の一環としてNSA(米国家安全保障局)による盗聴やハッキング行為が世界中で行われていたことを暴露したのは報道のとおりです。 ほかにも、煩雑なプログラム整理のためにと彼が開発させられた集中型データベースが、誤爆率9割とも言われるアフガンやイラクでの無人機による爆弾投下のプログラムとして使われていたりと、自分の強い愛国心を裏切られたと感じる事実が彼を苦しめたようです。

 

映画を見て彼に対する認識を改める人、それでもやはり彼を売国の徒と見る人、印象はさまざまだと思います。

私が感じた気持ち悪さは、どうやら彼に対して善悪のジャッジが出来なかった自分自身に対してのものだったようです。 2回観ても結局判断つかなかったんですけどね(^^;

こんな場合に使うのが適切かどうかは分りませんが「善悪は人のもの。神のものにあらず」という言葉を思い出しましたっけ。

 

 

 

 

 

 

コメント
「ぶどう園のブドウ棚に靴 なぜ?」もう片方の靴が近くに見つかるなら、洗ったりして、干し忘れているのかも。或いは、自転車走行中の男が立ち小便におよび、誤操作のため、片方の履物を汚してしまった。捨て置かれた靴が後刻、他の通行人によって、ブドウ園の柵に「見つかり易いように」掲げられた?詰まらぬ詮索で失礼しました。
  • 山野隆康
  • 2018/12/12 9:14 AM
山野さま
後半部の内容で重くなったアタマが軽くなる、オチャメなコメントありがとうございます(≧▽≦)
いつもながら、山野さんの想像力の源泉となるエネルギーの無尽蔵っぷりには敬服させられっぱなしです。
  • 松本
  • 2018/12/12 10:06 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM