あしびな合宿(私はズルして単車で)

  • 2018.10.23 Tuesday
  • 16:20

 

週末、いつもお世話になってる ”サイクルショップあしびな” のツーリングに参加して来ました。

と言いましても、サイクリングのメインメニューは土曜日。 残念ながら仕事が休めない私は、サイクリングはあきらめて半ドン後にオートバイで駆けつけることにしました。 なにせ、メインメニューよりもっとおいしいのはその夜の宴会だということを知っていましたしね(≧▽≦)

 

サイクリングなみなさんから90分ほど遅れて千葉・館山のホテルの到着。 着くやいなやタクシーに分乗して宴会前の腹ごしらえに ”スーパー回転ずし やまと” へ。

2018.10.20あしびな1.jpg

 

 

 

 

無類の貝好きの私。 ふだんは食べ物の写真を撮るのも見せられるのも好きではないのですが、つい一枚。 このお店は房総の水産会社が経営しているので鮮度もお値段の安さもすばらしく、他県ナンバーの車多数。 写真は載せていませんがこの日の房総地魚にぎり3点盛りはキンメダイとイシモチとカンパチでした。 お酒はそれほど飲んでいませんが好き放題に食べてE千ちょっと。 すごいお店でした。ここはリピート確定です。

2018.10.20あしびな18.jpg

 

 

 

 

ホテルに戻ってからは宴会本番。 あしびなには宴会のヌシが居ます。 そのヌシは話を盛り上げるのがとても上手です。 そしてみんながその話に夢中になっているスキを見計らって、スルッと特濃のハイボールをあてがうのも神業。 ふと気がつくとあちこちでベッドへ落車する人多数。 日付が変わる頃にはヌシ本人も自爆して大いびきでした(≧▽≦)   

私はその”爆弾ハイボール”をほどほどにして、ものすごくおもしろい感覚を持ち、思わず膝を打つような着想をいくつも披露してくれる若者ふたりの哲学的な話を、午前2時まで楽しませてもらいました。

2018.10.20あしびな2.jpg

(このホテルはスポーツの合宿などでも使われるとのことで、特殊な客室がいくつか。1段高くなったフロアにベッド5台で雑魚寝。たのしい♡)

 

 

 

 

 

朝、部屋のカーテンを開けたら目の前に富士山が。 沖の波頭に白ウサギが跳ねていましたのでかなりの強風。 今日のサイクリングはいい練習になるでしょう! 私は別行動でのんびりと外房をオートバイ・ツーリング予定ですが(^^;

2018.10.20あしびな4.jpg

 

 

 

 

 

朝のお散歩。 ホテルから海へ向かう小径に咲く「厚葉君が代蘭」。 カメラを構えた私の横を軽い会釈を残して自転車の地元マダムが過ぎて行きました(写真中央) ひとりで海を見に来る習慣をもつ女性。きっとおもしろい人かめんどくさい人かの、どっちかだなー(^^;

2018.10.20あしびな7.jpg

 

 

 

 

 

糸先に天秤は付いているものの、ほとんど釣る気がなくて「せ〜の!」なんて言いながら飛距離を競う姉弟。

2018.10.20あしびな9.jpg

 

 

 

 

 

内房サイクリングのみんなとは、ホテル駐車場で別れて私は外房へ。 外房はブルベという自転車の長距離イベントで何度も走ったなつかしい道です。 あ、あと次男ともふたりで何度か走りに来ましたっけ。

まずは洲崎灯台へ。 ここは初めて上りました。 灯台よりもこのコンクリート製の階段手すりの意匠に興味をひかれて、しばらく撫でまわしてしまいました。

2018.10.20あしびな10.jpg

 

 

2018.10.20あしびな11.jpg

 

 

 

 

この日和田浦はオフショア。 いい波立ってましたねえ。 このあたりの海岸線は郷里の室戸の雰囲気によく似ていて大好きです。

2018.10.20あしびな13.jpg

 

 

 

 

千葉県のブルベを主催するAJ千葉の代表だったチームメイトのラルさんは写真も上手でした。 毎年、正面に見える朝焼けをバックにこのS字カーブを上ってくるブルベライダーの写真をアップしてくれていたのを思い出します。

2018.10.20あしびな14.jpg

 

 

 

 

やはりブルベでよく走った鴨川有料道路から房総スカイラインを通ってアクアラインで帰京。 宴会も楽しかったし、思い出も辿れたし、楽しい休日でした。 あしびなのみんな、ありがとねー!♡

自宅へのおみやげは次男の好物カマスの開き。 スタッフ女史には、いつもサイクリングの補給で立ち寄る和田浦「盛栄堂」のさざえ最中とくじら饅頭でした。

2018.10.20あしびな16.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
「爆弾ハイもほどほどに、思わず膝を打つような若者2人の着想に聞き惚れつつ、御前2時まで語り合った」旨の述懐。恐らくそこには、勝手に録音したり、メモを後日無断でバラすような、腹黒の輩は皆無でしょう。SNSだけでは満たされない、腹の底からの思想のぶっつかり会いの場が、昔に比べて減ってきているのではないでしょうか?サイクリングには参加出来なくても、世代を超えた触れ合いに期待し、いそいそと単車で駆けつける院長どの。アラ還に光栄あれ!
  • 山野隆康
  • 2018/10/24 8:18 PM
山野さま
おっしゃる通りSNSの浸透のせいか、空気を読み過ぎて言いたいことが言えない、あるいは自分の言いたいことさえ見つけられない若者が多いなか、あしびなに集う若者たちは自分をの言葉を持っていて、かつ人の話も聞ける子が多いように思います。刺激をもらってます!(^_-)
  • 松本
  • 2018/10/25 4:44 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM