へっぽこウクレレ。録画してみました

  • 2018.10.17 Wednesday
  • 11:35

 

ウクレレを再開してあと2ヵ月で1年になります。 7〜8年前、初めてウクレレを購入したときには半年くらいで飽きて弾かなくなってしまいましたので、今回はわりと長続きしてます。

というのも、来月下旬に予定されている学生時代の音楽サークルのライブでは、なんとトップバッター(前座とも言う)で演奏させて頂くことになっており、練習しないわけにはいかないのです(^^;

 

今年のお正月のこと、しばらくぶりに弾いてみるかとウクレレを構えたとき、以前覚えた曲の運指がただのひとつも出てこないことに愕然としました。 私は五線譜が苦手なので脳で運指を記憶するしかないのですが、なにせアラ還の脳ミソ。それこそ指からこぼれ落ちる砂粒のようにはらはらと、、

 

それでもYoutubeなどの動画で気に入った演奏を見つけては、また一からパズルでも組むように目コピを続け、今では15曲ほどの運指がどうにかこぼれ落ちないで脳の中に収まっています。 残念ながら身体の使い方がヘタなので、弾いても弾いてもガチゴチに固い演奏になってしまって一向に上達しませんが(>_<)

 

数日前、ふと思い立って昼休みに録画してみました。どれもライブの本番では演らない曲です。

何度か撮りなおしましたが、カメラに見られていると、手なぐさみでぼんやり弾いているときにも増してひどい演奏になってしまいます。 ライブで活躍しているピアニストの患者さまに話してみたところ、「録音・録画は客前で演るよりヤバイですよ」とのこと。

ちょっと慰められましたが、まぁヘタクソなことには変わりありません(^^;

本番に予定している曲はもっと難易度の高いものばかり。さてどうなることやら、、

 

 

 

 

 

 

 

 

この曲は元ネタの動画からTAB譜がダウンロードできたので助かりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
録画で3曲、楽しく視聴させて戴きました。左手の形など、理想的な姿になっていると思いますが?目コピによる修得法の優劣は兎も角、上手な奏者の運指を繰り返し観ている中に、自然と良い音の出る手の形が、身に付いてきたのではないでしょうか。「録音・録画は客前でやるよりヤバい」は、真実だと思います。私は今までにヴァイオリンを、何人かの先生にお習いして来ましたが、レッスン中の録音など、お願いした事も有りませんし、それを薦めて下さる先生にもお会いしておりません。とも有れ来月のライブコンサート、大いに頑張って下さい。では。
  • 山野隆康
  • 2018/10/17 7:10 PM
山野さま
さっそく見て頂いてありがとうございます。
前腕や手の中の筋肉が力んでしまっていて、まったくニュアンスが出せていないのが歯がゆいです。テンポも安定していませんし、、
がんばり過ぎると飽きてしまうので、ぼちぼち精進します(^^;
  • 松本
  • 2018/10/17 7:46 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM