お寺で合宿

  • 2018.09.12 Wednesday
  • 10:55

 

以前にも書きましたが、この11月に大学時代の音楽サークルの仲間たちと35年ぶりのライブを予定しています。

そのライブに向けて合宿をしようと言うことになり、4人のメンバーが浜松の先輩が住職を務めるお寺に集まりました。

ほんとうはもう一人参加表明していた先輩が居たのですが、単身赴任先の札幌で先日の地震に遭ってしまい、残念ながら不参加となってしまいました。

 

私以外のメンバーは昼頃には集合して乾杯らしいので、もうすっかり出来上がっている頃だろうなと思いつつ、半ドン終えて新幹線で駆けつけます。 晴れたり降ったりとめまぐるしく天気が変わったこの日、新幹線の車窓からどしゃ降りと晴れ間を何度も繰り返していると、まるで時間が早送りされているようで、到着したころには浦島太郎のような老人になっているのでは? などと、くだらない妄想で時間つぶし(^^;

2018.9.8光明山15.jpg

 

 

 

 

新幹線は浜松駅まで。 そこで遠州鉄道に乗り換えて終点の西鹿島駅まで30分のローカルな単線の旅。

2018.9.8光明山12.jpg

 

 

 

 

このお寺に泊めてもらうのはこの40年で5回目。 あまりの広さに何度来てもかならず迷子になります。 酔っぱらってしっまうとトイレにもお風呂にもたどり着けません(^^;

2018.9.8光明山10.jpg

 

 

 

 

音楽合宿のはずなのに、夜が更けるまで昔話に花が咲き、あやうくただの飲み会になるところでした。

しかし昔話とはおもしろいもので、みんなで会うたび何度も同じ出来事について話しているのに、今さらながらやっと謎が解けたり、新しい解釈が生まれたり。 中には40年ちかく内緒にしていた恥ずかしい秘密をうっかりカミングアウトしてしまう人も(≧▽≦)

2018.9.8光明山8.jpg

 

 

 

 

疲れとお酒であくびが出始めた頃、やっと和尚さんの遊び部屋に異動して本番に向けた打ち合わせ。

近隣にほかのお家がないのをいいことに、深夜なのに大音響で(^^;

2018.9.8光明山6.jpg

 

 

 

 

欄間の聴衆。 ほかにもGな虫や、おつまみにたかるアリさんなどもその辺をウロウロ。なごむわぁ♡

2018.9.8光明山7.jpg

 

 

 

 

宿坊で川の字になって爆睡。 床に就く頃はバケツをひっくり返したような雨でしたが朝にはすっかり上がっていました。

2018.9.8光明山2.jpg

 

 

 

2018.9.8光明山1.jpg

 

 

 

 

お世話になったお寺は、浜松市天竜区にある光明寺。 西暦717年に行基(聖武天皇から東大寺大仏造立の責任者として招聘された大僧正)が開いた歴史あるお寺です。 正面に見えるのは大黒殿。 日本一大きな大黒像があります。 一本の杉の木で彫られているそうです。

2018.9.8光明山5.jpg

 

 

 

 

こちらがその大黒さま。 境内で「大黒天がヒンドゥー教のシヴァ神の異名であり、日本に伝わったあと”だいこく”の読みが通じることから、神道の神である大国主命と混同・習合されてその後の大黒信仰につながった」などと、昨夜はベロベロに酔っぱらっていた和尚様から大黒さまの歴史をご教授いただき、その流れでこの日は光明寺の歴史もたどってみようということになりました。

2018.9.8光明山3.jpg

 

 

 

 

 

今では標高数十メートルの山の斜面にある光明寺ですが、本来はこの「元光明」と呼ばれる山の頂上にあったのだそう。

2018.9.8光明山19.jpg

 

 

 

 

こんな山奥に、今の光明寺よりも大きい伽藍が存在したようです。 残念ながら昭和6年の火事で焼失してしまったのだとか。

2018.9.8光明山18.jpg

 

 

 

山頂を抜ける心地よい風で涼を取りながら、和尚さまから光明寺の歴史を聞かせてもらいました。

このお寺の門前を通る古い山道は縄文時代から存在していたとのこと。 北は刃物や矢じりの材料として貴重であった黒曜石の産地である八ヶ岳や諏訪方面につながっており、遠州灘で取れた塩と交易する際に使われていたのだとか。 その後も交通の要衝であったらしく、戦国時代には今川氏に城として召し上げられ、その後武田、徳川と所有者が変わりました。 この地が城として使われている間、光明寺は現在の平地の場所に移されていたとのこと 。 江戸時代になり平和が訪れてやっと光明寺はこの山に戻れたそうです。

そしてまた昭和の火事で現在の場所に戻ることに、、 まぁ、平地のほうが先輩の通学は楽だったでしょうけど(^^;

2018.9.8光明山17.jpg

 

 

 

 

参道跡にある多羅葉の巨木。 樹形がおもしろかった。

2018.9.8光明山20.jpg

 

 

 

 

その後、みんなで昼食を共にして解散。 楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいますねえ。

 

 

 

帰宅してひと息ついた頃、釣りに出かけていた長男が帰って来ました。「管理釣り場で60cmのニジマス釣ったからさばいて」とのこと。家人は所用で外泊していたため、ふたりでクックパッドを見ながら理科の解剖感覚でなんとかやり遂げて塩焼きに。 ちょっと大味でしたが美味しかったです。

2018.9.8光明山16.jpg

 

 

やっとベッドにたどり着き、ライブの打ち合わせ事項を反芻してみましたが、酔っぱのテキトーなやりとりだけで本番に臨むのは、何かとってもヤバい気がしてなかなか寝つけませんでしたっけ(^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
「おんろぎゃら ぎゃぎゃらや そわか」の石碑を見て、私が毎月一回は唱えているお真言との類似に興味が湧きました。当方のは「弥勒菩薩 おんまいたれいや そわか」です。サンスクリット語で おん は 帰依 を、そわか は 成就 を意味するようです。しかし私の脳裏には「おん前 誰や そわか」と日本語が流れています(笑)。
  • 山野隆康
  • 2018/09/13 2:00 PM
山野さま
もともと無文字社会だった日本に漢字が入って来て「真名」として主役の座を奪い取り、それまでの音声言語は「仮名」として低く見られるようになったんですよね。 とはいえ今でも本当の感情は音声言語じゃないと表現できないような気がしています。
声音のおもしろさを遊ぶのは私も大好きです(^^)
  • 松本
  • 2018/09/13 5:43 PM
いや、「声音」って書くとちょっとちがう意味になってしまいますね、、
言いたいことは汲んで下さいますよね(^^;)
  • 松本
  • 2018/09/13 10:26 PM
お寺で合宿。
実家には近くにお寺がありましたが、
小学生の頃、住職さんに怒られた印象が強くて(私達が悪さをしていただけなんですが)、、、
そして、檀家だったからなのでしょうが、地域の偉い人であって、なかなか近寄りがたい存在だったことを思い出しました。
  • 青トゥーラン
  • 2018/09/16 7:21 PM
青トゥーランさま
私の先輩も学生時代はいろいろ生臭さなことをされた方です(^^;
それが今や地元の名士。
かのマハトマ・ガンディーも若い頃はそうとうブイブイ言わせたあとあの境地に到達したと聞きますし、やっぱりいちど煩悩の海に身を投じてみないと、衆生を救う人にはなれないのかもしれません。
  • 松本
  • 2018/09/18 9:12 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM