真皮の硬さ

  • 2018.08.30 Thursday
  • 11:14

 

すこし日が短くなりましたね。猛暑とか酷暑の言葉を聞かない日がなかった今年の夏も終わりに近づき、そろそろ名残りを惜しんでおかないと、寒くなって行くのはあっという間です。

 

それにしてもこの夏の暑さは厳しすぎました。冷房を使わないでいると熱中症の危険性がありますし、使えば使ったでいくら高めの温度設定をしても外気温との差が大き過ぎて身体は強い冷気を浴び続けることになり、筋肉が強ばってしまいます。

 

暑さによる疲労で身体の重力バランスが乱れ、いつも以上に頚や腰に無理がかかる姿勢になっているところへ、エアコンの冷気に追い打ちをかけられる毎日ですから、不調を訴える患者さまが多く来院され、8月の診療日は例年以上に混み合いました。

 

身体の重力バランスの乱れで大きな影響を受けるのは、体幹部の中でも脊柱近くにある姿勢を保持するための筋群です。

体表近くの腕・脚を動かす筋肉ならマッサージでも適切な刺激を加えられますが、深部の筋肉に強引にアプローチしようとすると表層の筋への刺激が過剰になってしまい、筋膜の炎症を起こすことがあります。いわゆる「揉み返し」という現象です。

 

鍼治療の場合は、表層の筋への侵襲を最小限にとどめたまま深層の筋にアプローチして疲労物質の代謝を促進することができますので、鍼治療未経験の方がイメージされるよりも身体にやさしい治療法です。

 

 

さて、鍼治療の宣伝はこれくらいにしておきますが(^^; その鍼治療を行っているときに以前から気になっていることがあります。

同じ患者さまに施術しても、日によって鍼を刺入する際の皮膚の抵抗が変化するということです。いつも以上の不調を訴えられる日ほど、広範囲にその抵抗が増すように思われます。

 

人間の皮膚は3層から成ります。 外界から触れられる薄く柔らかい表皮、その下には皮革製品として鞄や靴に使われる丈夫な真皮層が人間にも存在。そして最下層に皮下脂肪をたっぷり溜め込める皮下組織(^^;

 

鍼灸師が使う鍼(毫鍼)の中でいちばん一般的な3番鍼の直径は0.20mmです。日本人の毛髪の直径が0.05〜0.15mmですから、それよりも少し太い程度です。 私の場合は臀筋などにはもう少し太い鍼、顔面などには細い鍼と部位によって違うサイズも使用しますが、それ以外のほとんどの部位は3番鍼で施術します。静脈や皮下注射に使う注射針と比較するとその直径は半分以下。注射針は液体を通過させなければならないのでその分太く、刺入時の刺激を軽減するために先端部はメスのような刃物になっています。それに対し、鍼治療の鍼は松葉の先端部のように丸みを帯びているので、組織への侵襲がとても小さいのが特徴です。

 

施術者が鍼を刺入する際に抵抗として感じるのは、おもに真皮層の硬さです。う〜ん、私は机上の物理がニガテなので、この”硬さ”を具体的に表現するモノサシを持っていません(^^; きっと弾性だとか靭性だとかそんなヤツでしょう。

 

なにしろその”硬さ”は体表から触れても感じられません。なるべく患者さまの痛覚を刺激しないようにいつも通りソフトに且つスピーディに鍼を打ち込もうとしても、いつもと違って真皮が貫けないときに、はじめて「ん!?」となるのです。もちろん再度強く叩き込んで貫通させるのですが、、

 

筋肉の強ばりは誰でも簡単に触知できますが、この真皮の硬さの変化を知るのはおそらく鍼師だけなのではないかと思われます。ほかに思い当たる職業といえば刺青の技術者くらいでしょうか。

 

真皮の厚さは2.0mm前後。それだけの厚さの真皮が全身で強ばってしまったら、それこそウェットスーツを着て動くようなもの。不調を感じても不思議ではありませんよね。ただ、どのような要因で真皮の硬さが変化するのかは私には分かりません。

また、この疑問の種明かしをしてくれる文献も思い当たらないのです。どなたかご存知の方があったら教えてくださいね(^_-)

 

2018.8.29ブログ.jpg

 

 

 

 

 

コメント
真皮の硬さ変化に関するお問いかけに、コメントする能力など勿論有りません。私はこの年になって身長が3cm減っています。体重も減っていますから、全身の体積が相当減っている筈です。ですから皮膚の総面積が減って、嘗ての皮膚が何処かで皺を作らなきゃ収まらなくなる理屈です。存命中にどの位皺が増えて行くのか?気になって参りました(笑)。
  • 山野隆康
  • 2018/08/30 3:09 PM
山野さま
山野さんにはまだまだ教えて頂きたいことが山ほどありますので、もっともっと長生きして頂かなければです。
どうか皺におぼれて窒息されないようお願いいたします(≧▽≦)
  • 松本
  • 2018/08/31 9:17 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM