お盆休みは人生初入院

  • 2018.08.20 Monday
  • 10:29

 

信楽焼のタヌキいるでしょ?  1年半ほど前から、自転車でギャップを越える際にその信楽さまがサドルに打ちつけられると、すこし痛みが出るようになりました。お風呂で確認するとなんと左側の信楽さまは右側の3倍ほどにふくらんでいるではありませんか。

 

近所の泌尿器科で診てもらうとどうやら陰嚢水腫という病気で、もっともっと大きくなってしまうことが多いとのこと。 注射器で数回抜いても再発するようなら手術を選択したほうが良いとのお話しでした。

 

そして穿刺を2回。 やはり再発しました。 穿刺でお世話になった泌尿器科の先生に相談して、お盆休みに手術可能な病院を紹介して頂きました。

 

2〜3年前に下肢静脈瘤の抜去術を受けた際にも全身麻酔は経験済みですが、あのときは手術時間が短いので日帰りできました。 今回は手術前日に入院して検査。 手術の翌日も経過観察で1日。 あわせて2泊3日の予定です。 入院直後は「数日のんびり過ごせるな」と気楽に高校野球を観たり読書したり。

2018.8.17.jpg

 

 

 

手術当日、麻酔薬がまわり始めるとあっという間に意識はなくなり、気がついたら手術は終わっていました。 ただ、麻酔明けはまるでお酒を飲みすぎて悪酔いしたようなサイテーな気分。 おまけにその夜は、尿道カテーテル・血中酸素濃度センサー・自動血圧計・酸素マスクに繋がれて寝返りもままならず、熱も38度くらいまで上がってどうにも身体の置きどころがない感じ。 ろくに眠れないまま朝を迎えました(+_+)

朝の回診でドクターがガーゼを取るときにおそるおそる患部をのぞいてみると、予想通り信楽さまはツルツルに剃り上げられており、”たてがみのないライオン”の風情(>_<)

 

とは言え、つらい思いをしたのはひと晩だけ。 先生の「経過良好」のインプレで気分も良くなり、予定通り午前中には退院できました(^^)

 

 

帰宅後はなるべく安静にして、高校野球のほかに録りためておいたNHKスペシャルの戦争特集をいくつか見ました。 なかでも印象に残ったのは、局アナの小野文惠さんが自身のおじいさんのフィリピンのルソン島における戦死をたどった回でした。

 

子供の頃は小説や大河ドラマの主人公のように、歴史を動かした人にあこがれることもありましたが、実際に大人になると、大勢の命を生かしたり殺したりするような立場の人になるのはまっぴらだと思うようになりました。

かえって小野さんのおじいさんや、「この世界の片隅に」のすずさんのように、大きな歴史の流れにもてあそばれてしまった人の人生に強く共感してしまいます。

 

番組の最後で小野さんは「この戦争のことをもっと知りたい」と話されていました。 よっぽどのマニアでもないかぎり、戦争中を生きた人の悲しい体験や愁眉なシーンなどは見たり聞いたりしたくないものです。 それでも胃の中に酸っぱさを感じながらも、より当時のことを知ることで、ぜったいに戦争はダメだという気持ちが強化されていくように思います。 

いい子ぶるつもりはないはないのですが、これからもこの時季にはかならず見ていくつもりです。

 

 

手術の経過も良好ですし、夏休みの最終日には、4月に就職したばかりの次男が買って来た年代物のレガシィB4 RSK(マニュアル)で峠道をドライブして来ました。 ペダルのレイアウトに無理があったのでヒールアンドトゥを教えてあげられなかったのが残念でしたが、まだまだ同乗した彼よりは上手に走れたようで父親の面目躍如でした。 久々のスポーツドライブ楽しかった!

2018.8.17ブログ1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
先ずは水腫に対する手術の無事終了!何よりと存じます。腹部を開腹する手術を3度も受けた私は、その都度 たてがみ を剃られました。種族維持を受け持つ雄のライオンは、威嚇効果を最大化すべく大きなたてがみを持つに至りました。しかし個体維持に専念する雌ライオンは、たてがみなしで獲物をどしどし捕まえます。ピカソの春画めいた作品を見ても、ダビデ像を見ても、たてがみは、二義的な扱いに留まっております。老齢化後の私のたてがみなぞ、存在意義すら見出し得ません。さっさと小野文恵氏の 話題に移られた院長どのの感覚は、極めて健康的だと思います。では。
  • 山野隆康
  • 2018/08/21 8:08 AM
山野さま
品位を問われる内容で恐縮です(^^;

今回はたった3日の入院なのに社会から隔絶されたような気分で不安になりました。長期の入院を余儀なくされている方のつらさたるや如何ほどかと、、
退院の日は35℃と暑い日でしたが、シャバを歩く心地よさは格別でした(^^)
  • 松本
  • 2018/08/21 4:05 PM
お大事に、ってもう全快ですね!
大変な夏休みだったのですね。私は、これまで入院の経験はないのですが、いろんな器具をつけられて、ベットに固定、ちょっと想像できないです。いつかは経験するのでしょうが。

MTのB4、楽しそうですね。ドロドロドロとなるボクサーエンジン。先生もフォレスター、スバリストな家系ですね。
  • 青トゥーラン
  • 2018/08/23 8:24 PM
青トゥーランさま
今週に抜糸も終え、おかげさまで全快です!
次男は納車当日に友人の整備士にマフラー(バッフルなし)交換してもらって来たので、かなりのドロドロ音です(^^;
  • 松本
  • 2018/08/24 9:35 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM