トンネル抜けたら北アルプス

  • 2018.04.25 Wednesday
  • 10:42

 

日曜日には、サイクルショップあしびなの仲間たちとサイクリングして来ました。

長野までは北陸新幹線で列車輪行して、国道406号線を白馬方面へ向かいます。 今回はじめて北陸新幹線に乗ったのですが、大宮駅で乗車するとたった1時間で長野駅に到着。時刻は7:38でした。 ほんといろいろ便利になりすぎてちょっと混乱します(^^; 

車中ではとなりに座ったM間くんがテーブルのお弁当とにらめっこしていました。 どうやら昨日三浦半島をサイクリングしたあと、仲間たちと痛飲して二日酔いらしいのです。 かわいそうですが、ウサギ脚な彼のコンディション不良はカメ脚な私には好都合(^^)

 

荷ほどきを終えてみんなで自転車を組み立てていると、店長がリアエンドのあたりでなんだか思案中。どうやらクイックレリーズのナットを紛失してしまったらしいのです。 5円玉をワッシャーにしてインフレーターの口金ネジで応急処置。 その後念のため、5kmほど離れたホームセンターが開くのを待ってM5ネジでしっかり固定しました。

このタイムロスで予定の行程が短縮されることになり、これまた老骨には好都合でした(^^)

2018.4.22白馬3.JPG

 

 

 

 

裾花ダムのダム湖。

2018.4.22.白馬9JPG.JPG

 

 

 

いい天気!

2018.4.22白馬15jpg.jpg

(店長撮影)

 

 

 

 

途中にあったお寺の看板。 「岑」の字は訓読みで「ミネ」と読むのは知っていましたが、音読みを知らなかったので重箱読みで不謹慎な読み方をしてしまいました(^^;   

正しくは「ぎょくしんじ」とのことです。

2018.4.22白馬8.JPG

 

 

 

 

長野から白馬へ抜ける街道筋にある鬼無里地区は、室町時代から「紅葉伝説」が語り継がれ、能や浄瑠璃、歌舞伎の題材になっているそうです。京都から配流された高貴な女性がどういうわけか鬼になり、都から派遣された平維茂(維盛)に退治されて、その後この里に鬼がいなくなったというようなお話し。 以前にも何度かこの地の伝説を聞いたことがあるはずのに、話の内容を覚えていなかったのは、大筋では鬼女 紅葉退治の話ですが、その内容が何種類もあるからでした。

紅葉伝説についていろいろ検索してみて驚いたのは、この地に伝わる紅葉像はエンタテインメントで伝えられた”鬼女”とはぜんぜん違っていたこと。 医薬・手芸・文芸に秀で、村民に恵を与える”貴女”であったというのです。 伝説ではない実際の歴史でさえ、見る角度によって同じ出来事がまったく違う伝わり方をするわけですから、むべなるかなではありますが。

2018.4.22白馬12.JPG

 

 

 

 

鬼無里の有名なおやき専門店「いろは堂」で休憩。 おやきはあちこちで食べたことがありますが、ここんちのははじめての食感でした。 小麦粉とそば粉の皮をかるく素揚げしてから窯焼きするのだそう。 地元産の具も素材の香りがきちんと残っていて、ものすごく美味しかったです。

2018.4.22白馬5.JPG

 

 

 

 

「ひがしきょう」と読むそうです。 加茂神社や白髭神社や春日神社もそうですが、紅葉伝説や天武天皇の遷都伝説とのつながりが数パターン伝えられています。 はたしてどれが本当なのか、、(^^;

2018.4.22白馬14.jpg

(店長撮影)

 

 

 

 

川面を眺める母子。

2018.4.22白馬7.JPG

 

 

 

 

 

白沢洞門を抜けたところが嶺方峠。 右のC-3POみたいのが私です。 M間くんが撮ってくれました。

2018.4.22白馬10.jpg

 

 

 

どうしてもこの風景を見たかったという店長は思いを遂げて満足そうでした。

2018.4.22白馬1.JPG

亀脚の私でも余裕があるくらいのんびりペースで上ってきてしまったので、この時点でとっくにお昼を過ぎてしまっていました。

ということで予定していた大望峠はパス。 往路をそのまま引き返すことになりました。 助かった〜(≧▽≦)

 

 

 

 

今日はほとんどの行程が裾花川沿いでしたので、なんとなくこの川のいろんな表情を見てみたくなり、往路ではスルーした裾花ダムにも寄ってみました。 雪解け水で水量が増えているので水門から放流中。

2018.4.22白馬11.jpg

 

 

嶺方峠あたりではまだ雪が残っていましたが、この日は長野でも30℃ちかくまで上がりました。 露出していた腕や脚の日焼けが帰宅後のお風呂でヒリヒリでしたっけ(>_<)

またあそんでください!

 

 

 

 

 

 

 

コメント
22日(日)は一番気温が上がった日ですが、北アルプスの真っ白な峰を仰ぎつつ、ペダルを踏んでこられた諸氏には、丁度良い日和だったのでしょうね。白馬方面とは反対方向の地名が、「ひがしきょう」と呼ばれる件。昭和18年に東京都制が出来たとき(私は14歳でした)、「ひがしきょうとって何処にあるの?」と訝しげに問うた人のことを、耳にしたように思います(笑)。では。
  • 山野隆康
  • 2018/04/25 4:09 PM
山野さま
あの日は、ほんとうに気持ちの良いサイクリング日和でした。
頂いたコメントを拝見して、東京の歴史を検索してみました。
東京市役所は有楽町にあったんですね。そして東京市は15区! その頃の街を歩いてみたかったです(^ ^)
  • 松本
  • 2018/04/25 10:29 PM
いいお天気、素晴らしい景観、私も行きたかった〜〜、
トンネルから見える雪山、この目で見てみたいものです。
長野って、意外と近いものなんですね。
  • 青トゥーラン
  • 2018/05/01 5:52 PM
青トゥーランさま
初夏のさわやかな陽気とほのぼの風景を楽しみながらの、マジのんびりツーリングでした(^ ^)
出口にこの景色があると知らないで隧道に入った人は、感動マシマシでしょうね。

次はご一緒しましょう!
  • 松本
  • 2018/05/01 11:43 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM