ひさしぶりに山方面へ

  • 2018.03.20 Tuesday
  • 12:05

 

日曜日には、そろそろ雪も解けた頃かと久しぶりに山方面へサイクリングに出かけて来ました。

 

 

梅林で有名な越生あたりは、あちこちで梅が満開。

2018.3.18奥武蔵9.JPG

 

 

 

 

これはチッパーシュレッダーっていう機械らしいのですが、端材を食わせると肥料に使えるサイズのチップに破砕して吐き出してくれるというもの。 直径20cmくらいの丸太も難なく処理していました。 フシギおもしろくて近所の子どもたちと一緒に10分ほど見物。

2018.3.18奥武蔵8.JPG

 

 

 

 

この日のメインディッシュは林道奥武蔵支線。 その道沿いで栽培されている北山杉は来るたびに背丈が伸びて、今ではまるでパームツリーのよう。

2018.3.18奥武蔵7.JPG

 

 

 

 

もうすぐグリーンラインの稜線というところにある広葉樹の林。 あと1ヶ月ちょっとでこのあたりは萌黄色の世界になり、まさに今開く葉からこぼれ落ちる雫を頬に感じながらのパスハントが楽しめます。 それは一年の中でも私のいちばん好きな季節。 今日は、その晴れやかな日に向けて木々が忙しく準備しているのを見たくて上って来たのでした。

 

 

 

地元の狩猟クラブのおじさんたちが犬を運動させていました。 イノシシのマークが描いてありますが、実際にはイノシシは多くなくて鹿が中心だそう。 私のいなかの高知はイノシシ猟が主でした。 私は子どもの頃に山鳥や魚くらいしか猟をしたことがありませんが、実家には弟の猟銃が保管されています。

近年、ハンター人口は激減しているそうです。 殺生を趣味にすることに対する抵抗感や周りからの視線が原因なのでしょう。 しかし、人間は動・植物の命を奪わないで生きていくことはできません。 狩猟で感じる興奮と罪悪感がないまぜになった感覚はとてもリアルなもの。 そこには殺生をしないでお金で肉を買う人には理解できない何かがあるのです。

 

 

 

グリーンラインまであと50mくらいのところにある、お気に入りのビューポイント。 アズキ色に芽吹いた林の中の一本杉は、まるで川の流れに洗われる岩のようです。

2018.3.18奥武蔵4.JPG

 

 

 

 

ムラサキハナナ ←てきとーに言ってるんじゃなくて、この花の本名です(≧▽≦)

※間違いをご指摘いただきました。ムラサキハナナもハナダイコンも通り名で、正式な名前はオオアラセイトウでした(^^;)

2018.3.18奥武蔵10.JPG

 

 

 

刈場坂峠からR299に下りて、こんどは天目指峠。久通川の透明度はとても高くて、ウグイ?オイカワ?の稚魚の群も気持ちよさそう。

2018.3.18奥武蔵5.JPG

 

 

 

 

スギ花粉で鉄錆色の山肌。 街にいると気になってしょうがない花粉ですが、山に来ると忘れてしまうんですよね(^^;) 

 

 

 

オオイヌノフグリ

2018.3.18奥武蔵6.JPG

 

 

帰宅してみたら、なんだか家人がゴキゲンちゃん。 訊くとこの日は板橋シティマラソンを走って自己ベストが出たそう。ネットで4時間38分だったとか。

彼女は若い頃からスキーが大好きで、家族でも何度も滑りに行きました。 しかし何年か前にゲレンデで転倒して前十字靭帯を完全断裂してしまったのです。 私は保存療法を勧めましたが、今後もスポーツしたいからと再建術を選択。 さすがに息子たちにスキーは禁止されましたが、リハビリを兼ねて55才からランニングを始め、1年後にはフルマラソンを完走。 その後は年間何度もフルマラソンを完走するほどの本物のランナーになってしまいました。

 

そういえば、子育てやなんかでグラフィックデザインの仕事を何年も離れていた彼女は、ランニングを始めたのと同じ頃、あちこちに売り込みに行って、小さな出版社の書籍の装丁の仕事を掴んで今に至っています。

 

頑張って成果を上げるということが当たり前の彼女が支配する家で、頑張るのが何よりニガテな私はなかなか肩身が狭いのです(^^;

 

 

 

 

 

 

 

コメント
青春真っ盛りのご次男とは対照的に、当ブログでは取り上げられることの少ないご「家人」様の近況が示されました。4時間38分も走り続けるマラソンで、自己ベストを出されたとのこと。今なお装丁のお仕事を続けておられるキャリア・ウーマンであること。益々のご清栄を念じ上げます。「オオイヌノフグリ」、ユーモラスなこの名前に惹かれてはおりますが、はっきり意識して実物を観察していない私です。写真ありがとうございました。では。
  • 山野隆康
  • 2018/03/21 8:17 AM
山野さま
息子たちも社会人になり、家人もやっと好きな事を楽しむ余裕が出て来たようです。

「オオイヌノフグリ」、いたずら心でつけたのか、大マジメだったのかは分かりませんが、命名の際にたしなめる人はいなかったんでしょうかねえ(^^;)
  • 松本
  • 2018/03/21 10:36 AM
マラソン完走、しかも4時間台、自己ベスト、すごいですね(^_^)
その日、あしびな朝サイクリングで、荒川土手にいました。
まだスタート前の時間帯でしたが、準備しているスタッフの多さに、ビックリしました。
マラソン、挑戦してみたいけど、きつそうだなぁ。
  • 青トゥーラン
  • 2018/03/21 10:15 PM
青トゥーランさま
じつは私も40才のとき一度だけフルマラソンを走ったことがあります。走ったというか30kmくらいで脚のあちこちが攣りまくって、残りは歩いてゴールしました。タイムはギリギリ3時間台でした。
当時は補給が必要ということも知らなかったので必然ですよね(^^;)
マラソンは自転車よりしんどいですよ〜(≧▽≦)
  • 松本
  • 2018/03/22 3:55 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM