ひそかな野望

  • 2018.02.20 Tuesday
  • 11:46

 

早いもので、カンボジア旅行を終えてもう3週間。  旅慣れない私にとってはなかなかの大冒険でしたので、帰国後は抜け殻になってしまうのではないかと心配しましたが、自分に起こった変化は意外なものでした。

 

それまで以上に日々がとても充実しているのです。 現地の人々のひたむきな生き方に触発されたことがいちばんなのですが、あともうひとつ、ある妄想が私の頭を支配してしまって、その妄想がふくらむわふくらむわ(^^;)

 

その妄想とはカンボジアへの移住計画です。 いや、おそらく実現することはないと思いますが、いろいろシミュレーションするだけで毎日が楽しくなるのです。

 

住む街はシアヌークビル。 プノンペンの南西250kmの海岸線の街です。 近年ビーチリゾートとして脚光を浴びています。

 

カンボジアでビジネスビザを延長し続ければ長期滞在が可能です。 昨年の9月からはビジネスビザの更新に労働許可証の提出が必要になったようで、ほかの東南アジアの国々と同じく少しづつ審査が厳しくなりつつあるようですが。

 

経済的には、家賃や食費のほか娯楽の費用などいろいろひっくるめても、月に750ドルほどあればふつうの生活ができそう。私の場合は国民年金のほうが払込期間が長いので、その金額にはすこし足りません。 さてどう埋めましょう。

彼の国の定期預金の金利は2017年末で5〜6%。それも現地通貨のリエルではなくドル建てで預金できます。 ただ、いくら日本のメガバンクが出資しているとはいえ銀行の経営状態や政情に対して気を抜くことはできません(^^;)

さしあたって預けるお金がないので明日から500円貯金するし! $$$(≧▽≦)$$$

 

どうにか移住に関する条件面が調ったとしても、大きな日本人コミュニティが存在しないカンボジアでは、言語や文化を理解することはマストです。 東南アジアの国で年金生活を送ろうと移住して失敗するシニア層は、孤立が原因で帰国することが多いとも聞きますし。

 

なので、さっそくカンボジア語の教科書を取り寄せました。当院では診療時間以外はほとんどこのCDが流れていますので、配達に来た宅配便のお兄さんが目パチクリになってました。

 

 

先週末には神楽坂にあるクメール料理のお店「バイヨン」で情報収集。 たまたまこの日、現地への渡航歴は数えきれないというという人たちの集まりが開催されており、いろいろ刺激を受けてしまいました(^^)

 

 

もし野望が現実のものになったとしたら、もちろん現地に骨をうずめるつもりです。 比叡山の千日回峰行を2回成し遂げた酒井雄哉大阿闍梨の言葉に「行き道は いずこの里の 土まんじゅう」というのがあります。 この言葉が大好きな私は勝手に、これはただ死に方について語った言葉ではなくて「何にも執着しない生き方をする」という宣言ではないかとも思っています。 それはまさしく私が理想とする生き方なのです。

 

ただ、カンボジアで死亡した場合の処理については、ちょこっとググッても出てこないのでもうちょっと調べます。 ちなみにタイでは病院以外で死亡するとすべての死体は司法解剖されるようです(病院以外でも医師が看取った場合は除外)。 私は平気ですが「解剖? ムリ!」という方は気をつけましょうね(^_^;)

 

さっきも書いた通り移住計画は妄想で終わると思いますが、必ずまたカンボジアへ旅行に行きます!

 

 

 

クロン・チバー・モンへのサイクリング以来まったく自転車に乗っていなかったのですが、冷たい北風が吹いた日曜日に久しぶりに入間川サイクリングロードを走って来ました。 いやぁ、ツラかった。アラ還ともなると体力維持の努力はサボれないのですね。

サイクルコンピューターが衛星をひろうまでの数十秒、時刻表示がカンボジアの現地時間になっており、いまさらながらの旅愁を覚えてしまいましたっけ。

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

コメント
嵐寛寿郎 の略称を連想させる「アラ還」の語は、男性用にも使えて私は好きですが、院長どのの「世捨て人」っぽい「密かな野望」に、何とコメントすれば良いか?酒井雄哉氏の「行き道は、いずこの里の土まんじゅう」は、誰もが崇拝する理想の境地。一方私の心理の底に蠢めく「越後獅子舞う子の行く末は、何処の並木の肥やしやら」も、悲しさだけでは無い「生きていく人への詩情」が有ると思います。では。
  • 山野隆康
  • 2018/02/21 6:34 AM
山野さま
私はもともとタオイスト的傾向が強かったのですが、年齢とともにますます拍車がかかり、世捨て人化が進んでいる気がします(^^;
越後獅子のフレーズにはブルースが感じられますね(^_-)
  • 松本
  • 2018/02/21 10:49 AM
写真どれもイキイキしてますね!
野暮にびっくりしました笑
いつまでも夢を持っているのは楽しいことですよね!
  • むらい
  • 2018/02/22 2:47 PM
むらいさま
コメントありがとうございます。
「野暮にびっくり」っておもしろい言いまわしですね。私も新しい言葉を作るのが大好きです。
妄想ばんざい!(*^^)v
  • 松本
  • 2018/02/22 3:10 PM
むらいさま
「野暮」は「野望」の変換ミスだったんですね(^^; 意味を考えるのがおもしろかったです。
ぜひまたコメントくださいね。お待ちしてます(^^)
  • 松本
  • 2018/02/27 7:19 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM