カンボジアサイクリング未遂

  • 2017.12.22 Friday
  • 16:07

 

やらかしてしまいました。

 

じつは、乾季になったらカンボジアへサイクリングに行こうと8月に飛行機を予約。 プランはプノンペン経由でシェムリアップに降り立ち、観光客だらけの遺跡見物はほどほどにして孤児院や小学校を見学。 あと伝統工芸の工房「アーティザン・アンコール」も。

それからスープドラゴンかレッドピアノで ”生”胡椒と海鮮の炒め物「チャーモッチァ・ムオーイマレッ」をいただいて、そのあとはバックパッカーたちがたむろってるタケオゲストハウス泊。 

翌日から自転車旅をスタート。途中、竹筒で炊いた豆おこわやタランチュラのから揚げなどをいただきながら、コンポンクディ、コンポントム、スクン、プノンペンと泊まり、プノンペンでは家人が以前勤めていたカンボジアの子どもたちのためのNPO法人の元現地スタッフで、サイクリストでもあるPinさんに、自転車で街を案内してもらうのを楽しみにしていました。

 

20日の深夜出発の予定なので、必要だったのは21日の0時台の予約。 ところが私は20日の0:30を予約してあったらしく、どこを探しても羽田に私の飛行機は見つかりませんでした(>_<)

受け取っておいた海外Wifiルーターと両替したばかりのドル紙幣を持ったまま、自動チェックイン機にゴメンナサイされてハッと事態に気づき、そのまま1分くらい固まっていましたが、とつぜんどうしようもなく笑けてきてしまいました(^^;

車で送ってくれたり荷物を運んでくれたりと、いろいろ活躍してくれた次男のほうが私以上に凹んでしまったようで申し訳ないくらい。 我ながら気持ちの切りかえの早さにはちょっと驚きました。 

 

 

カンボジアは、1970年代にポル・ポト派が支配した5年間で800万人足らずの人口のうち120〜230万人(発表者によって異なる)が亡くなっていますが、そのうちの相当数が虐殺によるものでした。 当時中学生だった私は、父親が新聞を広げたときこちらを向いた国際面からやっとベトナム戦争の記事が少なくなったなと思った矢先、それと入れ替わるように取り上げられはじめたカンボジア内戦の記事をどう読み取ればよいのか、当時はまったく分からないでいました。

そこで何が行われていたのか、本当のことを知ったのは1985年に公開された「キリングフィールド」という映画を見たときでした。

 

23年間の長きにわたったカンボジアの内戦は、1990年に開催された「カンボジア和平東京会議」をもってようやく終結しました。

 

私が生まれたのは太平洋戦争の終戦から15年が経った年。すなわち日本の国民の多くが戦争を体験として知っている時代でした。 私たちの世代は 「何があっても戦争はダメだわ」 という確信を持った人たちに育てられたのです。 

 

もちろん虐殺の現場がそのまま保存されているトゥールスレンや、刑場となったキリングフィールドには行ってみるつもりでしたが、私がカンボジアを旅行したいと思った最大の理由は、1000年前の風化した歴史の見物ではなく、内戦の傷跡を見ることでもなく、厳しい時代を生きた大人たちや、彼らが育てた屈託のない子どもたちとふれあって、私自身が生まれ育った時代の空気感をもう一度肌で感じてみたかったからです。

 

まぁ、ちょっと意識高そうなことを言っても、大ヘマやらかしたあとじゃぜんぜんカッコつかないんスけどね(≧▽≦)

今回は未遂に終わったカンボジアサイクリング、そのうちもっかい企てようと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
「・・サイクリング未遂」の表題、そして写真が僅か1枚、院長ブログとしては異例中の異例になるかと思います。若いときからの宿願であった、カンボジア行きに乗り遅れ、まさに「・・・長蛇を逸す」の感!かと拝察します。でも長い人生では色々なことが有って当然です。北海道在住の頃私は、妻子同伴で上京し、帰路茨城県内の某駅発の急行列車に乗り遅れ、後はオール自由席の混雑に耐えながら、ヘトヘトの思いで札幌に着きました。長い道中、家族から攻め続けられた私の惨めさは、筆舌に尽くせぬほどでした。でも今は懐かしい一コマになっております。院長どの、お陰様で年内にもう一度治療に伺わせて戴けます。では。
  • 山野隆康
  • 2017/12/23 4:13 AM
山野さま
まったく情けないハナシです。でも山野さんでもやらかすことがあると知り、なぐさめられました。院でお待ちしております(^^)
  • 松本
  • 2017/12/23 9:13 AM
おつかれさまでした。
人生の先輩方の、エピソードを読んで、これから私の中の人生も、山あり谷ありなんだと、あらためて心しました。

先生の、切り替えの早さ、見習いたいものです(笑)
  • 青トゥーラン
  • 2017/12/24 4:42 PM
青トゥーランさま
新年会で詳しい顚末をお話ししますので、笑ってやってください(~_~;)
  • 松本
  • 2017/12/24 9:24 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM