あしびなに花が!

  • 2017.09.12 Tuesday
  • 19:22

 

日曜日には、”サイクルショップあしびな”に集う仲間たちと奥武蔵へサイクリングに出かけました。

と言うのも先週のこと、あしびなの店長から 「 ”上谷の大クス” を生で見てみたいのでルートを作成してほしい」 と依頼され、どうせならとアテンドも買って出たのです。

 

前々回の更新でI井くんの送別サイクリングについて書きましたが、あの日ゲリラ豪雨を食らって1時間ほど雨宿りを余儀なくさせられた際に、あしびなサイクリングに最近ある女子が高頻度で参加しており、チーム員たちの空気がざわついていることを聞いていました。

 

もしやとは思っていましたが、今回飯能駅に集合した大クスサイクリングのメンバーの中に、その女性が居るではありませんか! 20代半ばのとのことですが、失礼ながらまだ ”可愛らしい” という表現がぴったり。 おじさん耐性もバッチリで、それほど緊張しなくてもお話しできそう(^^)

 

 

8台積みの男臭いキャラバン。

2017.9.110あしびな5.JPG

 

 

 

 

まずは林道 関の入線からグリーンラインへ上ります。 いつもはひとり静かに味わう滝の音もこの日は大勢でガヤガヤと。 これはこれでけっこう楽しい(^-^)

2017.9.10あしびな12.JPG

 

 

 

いつもは素通りしてしまう天文岩でも停車して観光。

2017.9.10あしびな13.JPG

 

 

 

目の不自由なランナーが40才くらいの女性のサポートランナーとともに気持ち良さそうに距離を踏んでいました。 休んでばかりの私たちを「タッタッタッタ」と軽快な足取りで追い抜いていく姿がカッコよかった。 視覚以外の感覚は健常者より研ぎ澄まされているはずなので、きっと私たち以上に森の心地よさを味わっているんだろうなあ。

2017.9.10あしびな6.JPG

 

 

 

私と同年輩のMさんがM原さんのストレッチをお手伝い。 いやらしくならないように片手で押す姿がいじらしい(≧▽≦)

2017.9.10あしびな8.JPG

 

 

 

 

野末張展望台。 いい笑顔なのですがカメラマンが上手ならもっと本来のキラキラ度が表現出来たはず。 ごめんね〜。

2017.9.10あしびな7.JPG

 

 

 

大クスへの上りにある民家。このシュールな画に興味をひかれてお宅の庭先にまわってみると、ほかにもヤギやバーニーズ・マウンテンドッグが同居しているようでした。 人間は二階部分で生活されているのでしょうか。 けっこう賑やかですが、きっとここにはほのぼのとした暮らしがあるのでしょうね。

2017.9.10あしびな10.JPG

 

 

 

訊いてみると、M原さんはロードを購入して1ヶ月そこそこしか経たないとのこと。 ギアはリア28T。 どうやら店長は、みんなから 「初心者にこんなコースってスパルタ過ぎでしょ」 と責められることを見越して、自分のリア32Tのバイクを彼女に貸与するバックアッププランを用意していました。 身長差があるのに乗車ポジションがほぼ同じであることを目にしたメンバーたちは、そこには触れず他の話題をさがすのに必死(≧▽≦)

20179.JPG

 

 

 

彼女より少し前にロードバイクデビューしたのS藤さん。 若く見えるのでまだ学生かと思ったら、大学で法律を教える先生でした。いや失礼しました。 もうみんなと同じペースで走れていましたっけ。 どうやら勉強できる人はすぐ速くなるようです。 きっと頑張る才能があるんでしょうね。うらやま〜(^^;

2017.9.10あしびな14.JPG

 

 

 

 

着きました「上谷の大クス」。 

P9100487.jpg

(この写真は店長ブログから拝借)

 

 

「大クスを見てみたい」という思いを遂げ、みんながデッキから降りたあとも名残惜しそうに写真を撮る店長。

2017.9.10あしびな4.JPG

 

その店長を見上げながら待つみんな。

P9100493.jpg

(これも店長ブログから)

 

 

 

ほんとうは高麗の阿里山カフェでランチの予定でしたが、観光と休憩が過ぎて時間が押してしまったので、こともあろうにレディを満州餃子へアテンド。 女子ながらチャーハン&ギョーザをペロリと平らげる食欲や良し!

と言うか、考えてみれば今は彼岸花の真っ盛り。 名所である巾着田の入り口にある阿里山カフェはきっと混雑してたはずなので、かえってこれで良かったのかもです(^^;

 

あしびなのみなさん、またあそんでくださいね〜(^_-)

2017.9.10あしびな9.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
「おじさん耐性」もある20代半ばの女性新人との邂逅談。健脚でチャーハン&ギョーザもペロリと飲み込み、野末張展望台では両手をひろげたポーズも撮らせて下さった。「M原」さんを彼女の記号と判読しましたが、締めの写真に大写しされた赤い花(私達の若い時代にには曼珠沙華と謳われた)とともに、ライター院長どのにも、永く記憶に残る良きサンデーでしたね。
  • 山野隆康
  • 2017/09/13 6:10 AM
特別ガイド、ありがとうございました。
添乗員付きのツアーのようでした(^_^)
特別長い距離ではないはずですが、濃いライドになりました。
離脱して、一人で向かう飯能駅へのルート、なにげに登りキチョウで、この日一番の滝汗でした(^_^;)
栗とランナーの写真、ステキでした。

また、よろしくお願いします!
  • 青トゥーラン
  • 2017/09/13 8:16 AM
山野さま
お天気にも恵まれてほんとうに楽しい一日でした。
いつものメンバーですが、やはり女性がひとり入ると空気が変わりますねえ。とてもチャーミングなひとでした(*^-^*)
  • 松本
  • 2017/09/13 9:21 AM
青トゥーランさま
こちらこそ楽しい一日をありがとうございました。
こんどは紅葉の季節に秩父の八丁峠にでもご案内したいなあ。
  • 松本
  • 2017/09/13 9:25 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM