サッカーW杯出場決定おめ!

  • 2017.09.06 Wednesday
  • 16:47

 

サッカーワールドカップ。 予選の最終戦はサウジアラビアに負けてしまいましたが、日本代表は今回も本選出場を決めましたね。 ホームでのオーストラリアとの試合はテレビで観戦しました。 浅野・井手口などの若い選手が躍動して、胸のすくような試合でしたね。

 

とくに私が興味を引かれたのは井手口選手です。 失礼ですが、ふだんJリーグの試合を観ない私は彼のことをまったく知りませんでした。 ニッカボッカ&半キャップヘルでスクーター転がしてそうな、気のいいガテン系あんちゃん的風貌。 顔はたしかにちょっと中田(英)に似てますよね。 なにしろびっくりさせられたのは彼の運動量でした。後半になっても猟犬のようにしなやかな身のこなしで相手にチャージしていく姿にはほれぼれしました。 

 

ほとんど忘れかけていたのですが、じつは私も高校時代サッカー部でした。 そんなにサッカーが好きなわけでもなかったのですが、音楽仲間の南海くんがサッカー部で、彼が楽しそうに練習しているのを見ているうちにちょっとやってみたくなり、1年生か2年生の頃に1年間くらいまじめに練習したのを覚えています。

 

小学4年から中学2年までは柔道、2年次の途中からは陸上部で長距離走をやっていましたので、「コンタクトや走力はどうにかなるだろう」と高を括っていましたが、その両方をいっぺんにやらなければならないサッカーはそれまで経験したスポーツとはぜんぜん別物で、まったくオハナシになりませんでした。 集団の中で発揮しなければならない闘争本能は柔道とは全く違う種類のもので、面食らったのを覚えています。

 

それから20年くらい経って、次男が小学校低学年の頃、仲のよい友人に誘われて地元の少年サッカーチームに入りたいと言い出し、試合を観に行ったところ、ボールの周りの密集から離れてぽつねんと立ち尽くす次男。 彼の姿に数十年前の自分が重なりましたっけ。 血は争えないものですね(^^;

 

運動や勉強がイマイチなところがばっちり私に似てしまって、ちょっと「悪りぃな」とも思いますが、どうやら毎日を楽しむ才能も似てくれたようなので、まいっか(≧▽≦)

 

20170904-00229597-footballc-000-1-view.jpg

(ばっちりヤンキー風味が効いたこの写真はフットボールチャンネルより拝借)

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
ご子息様が小学生時代にサッカーを始めた頃、院長どのご自身の遺伝因子を想起させられたお話。「悪りぃな」の思いは多くの親たちが経験していることです(口にするしないは別として)。しかし子等が還暦前後にまで成長してしまうと、結果に対する責任は彼ら自身が負うべきもの、と考えるように(私は)なりました。その分私からの口出しは急減しています。孫世代の場合も、遺伝因子の影響を感ずることは有りました。ただ家内の他界後は それを口にするチャンスも有りません。そして、いま生後1年8ケ月の曾孫の場合は、只々可愛いいだけで、私からの遺伝子問題など、考えたこともございません(笑)。
  • 山野隆康
  • 2017/09/07 4:53 AM
山野さま
スタッフ女史の孫の成長を見てるだけでも、ついほっぺが緩んでしまいますが、曾孫かぁ(*^-^*)
きっと、長い人生をていねいに生きていらっしゃる山野さんへのご褒美ですね(^_-)
  • 松本
  • 2017/09/07 4:12 PM
毎日を楽しむ能力、それが豊かな人生を送るキーじゃないですかね(^_^;)
自分におこりえる全ての出来事は、心の持ちようで、違うものになる、って本で読みました(そんな心境には、まだまだなれそうにありませんが、笑)。
  • 青トゥーラン
  • 2017/09/07 6:06 PM
青トゥーランさま
「雨を感じられるヤツもいれば、ただ濡れるだけのヤツもいる」
ボブ・マーリーの受け売りです(≧▽≦)
  • 松本
  • 2017/09/07 7:10 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM