また一緒にグリーンラインを走ろうぜ!

  • 2017.07.05 Wednesday
  • 15:30

 

 

都議選があった日曜日、明るいうちはお天気持ちそうだったので自転車で出かけて来ました。

私自身は誰に入れていいのやらよくわからないまま期日前投票を済ませていましたが、選挙結果は予想通りでメディアの影響力の大きさを再認識させられた選挙でしたね。 この日はそんなことより、数ヶ月前から不調を訴えて当院にも来てくれていたチームメイトからの癌の宣告を受けたとの報せと、合わせて表明されたやる気まんまんの闘病宣言のことで頭がいっぱい。 祈る気持ちで彼と走ったグリーンラインへ。

 

 

 

鈍色の空と、肌にまとわりつく湿り気の中を泳ぐように走りはじめました。

2017.7.2GR11.JPG

 

 

 

心が定まらずボケボケ走ってて気がついたら知らない道。 ありゃ、道まちがえた? と思ったら、飯能・滝不動尊の間で工事していたバイパスが開通していたのでした。

2017.7.2GR12.JPG

 

 

 

 

グリーンラインへは「林道 関の入線」からアプローチ。

2017.7.2GR1.JPG

 

 

2017.7.2GR4.JPG

 

 

 

アイウェアが曇るほどの湿気でした。それでも雨上がりの森の中の空気は気持ちよかった。 この日のグリーンラインは自転車は少なくてハイカーとランナーが多かった気がします。

2017.7.2GR2.JPG

 

 

 

雨上がりでしたが五常の滝の水量はいつも通りでした。

2017.7.2GR3.JPG

 

 

 

何だか分からないでしょ?(^^; 

滝への木橋からのぞき込むと、そこにはアメンボの楽園がありました。うまく撮れませんでしたが、アメンボの作る幾何学的な波がおもしろくて時を忘れてしまいました。

2017.7.2GR6.JPG

 

 

 

 

もうすぐグリーンラインの稜線というところ。 これまたうまく撮れませんでしたが、上昇する水分で靄った山々の稜線が幽玄で、ここでもしばらく道草。

2017.7.2GR10.JPG

 

 

 

 

顔振峠の手前、右端の視覚障害ランナーの男性をサポートしながら走る女性ランナーふたり。

3人とも60才代中盤とお見受けしましたが、みなさん健脚でした。

2017.7.2GR7.JPG

 

 

 

 

顔振峠の平九郎茶屋。 写真の中央左に富士山が。 見えます?(^^;

2017.7.2GR8.JPG

 

 

 

 

関八州見晴台まで登るという二組のご夫婦。 年齢は72才〜79才だそう。 すこしお話しさせていただきましたが、みなさんとても仲良しで人生を楽しんでる感じが伝わってきました。

2017.7.2GR9.JPG

 

 

 

闘病中のチームメイトは仲間たちとヒルクライムレースを走るのが大好きで、おそらく早く完治してレースに復帰したいと強く願っているはず。 先日も書いたように、私はそろそろレースは引退しようかなと考えていましたが、彼が復帰するレースは必ず一緒に走りますし、彼の好きなこの奥武蔵の山でまた一緒に練習したいと思います。 がんばれムッシュ!!!

 

 

 

 

 

 

 

コメント
「癌の宣告を受けたけど、挫けず旺盛な闘病の意思を示すメート」を伴い、蒸し暑い都塵を避けて、グリーンラインの清澄な写真をものにしてきた院長どののレポート。友への気ずかいで頭が一杯の中、ファインダーに映る山や木そして人物などのすべてに、院長どのの祈りが現れていたのではないか?と思います(都議選なんてとっくに超越した心境)。私の場合は、70台はじめに腎臓がん、半ばに胃がん、おまけに悪性の腸閉塞と 、3回もの開腹手術を余儀なくされました。ともあれ88歳の今日を,得させて戴いていることに感謝あるのみです。
  • 山野隆康
  • 2017/07/06 5:12 AM
山野さま
彼は入院中でこの日は単独走でした。書き方が紛らわしくてすみません(^^;)
それにしても山野さんの鉄人っぷりは凄すぎです(@_@)
  • 松本
  • 2017/07/06 10:08 AM
そそっかしい読み方で失礼しました。「祈る気持ちで(嘗て)彼と走ったグリーンラインへ」の( )内を推量すべきことに気がつきませんでした。「やる気まんまん」という語に強く惹かれたせいもありますが、実際に私の場合、左の腎臓に鶏卵大の癌が出来ていても、自覚症状は皆無でしたから、自転車を漕ぐことは当然あり得る!ように思ってしまったのです。ご入院中のメート様のご快癒を念じ上げます。
  • 山野隆康
  • 2017/07/06 2:21 PM
軽々しくコメントできるような気がしませんが、チームメートさんの早期回復を願うばかりです。
それぞれに人生のペダリングですね。上り、下り、たまに平坦、自分のケイデンスでゴールまで走り続ける、そんなことを思ってしまいました。
  • 青トゥーラン
  • 2017/07/10 8:36 AM
青トゥーランさま
ほんとそうですね。 私もお仕着せのメソッドなどにとらわれず「自分のケイデンスでゴールまで」で行く予定です(^^)
  • 松本
  • 2017/07/13 11:52 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM