機材道楽には罠が多いなあ

  • 2014.06.23 Monday
  • 18:55

カメラを持ち歩くようになって半年になります。 進歩という意味では、ほとんど進歩はありません(笑)
だいたいがめんどくさがりで、取説なんぞ読んだことのない私ですが、カメラの基本的な操作を覚えるためには 「しぼり」 だとか 「しゃったーすぴーど」 「しょうてんきょり」 みたいなオタクっぽい用語も避けては通れないので、かなり頑張って読みました。 おかげでカメラまかせでパシャパシャしてた頃よりはすこしはマシになったような気が。

私のカメラは、シグマというメーカーのDP Merrillという機種です。 一眼レフではなくデジカメなのですが、とても解像力の高いカメラで、上手な人が撮るとすばらしい作品が撮れるらしいです。 ただ、撮れる条件とどうにもならない条件がはっきりしており、撮りたくても撮れない場面がとても多いのです。 私には少し猫に小判気味。。  
正直に言いましょう、たかだか半年でいろいろな局面に対応してくれる一眼レフへ浮気を企てていました。

いろいろな人が撮った写真を拝見しているうちに、とくに単焦点のLシリーズやコシナのレンズを使うと、ピントがうすくて被写体が浮き出して見えるCANONのフルサイズカメラの写真にクラッときました。 絵画のように作者の思い通りのストーリーが描き出せる感じがします。 おまけにCANONの画は黒がいい感じでつぶれてヒリヒリするほどスモーキーな味わい。 ほかのメーカーとははっきりと違う個性が際立っています。 つらつら作例集を見ているうちに、はんぶん意識が遠くなってあやうくポチッとしてしまうところでした。 

しかし、ふと思いなおしました。 ここのところ脳の処理スピードや空間認知能が落ちてきている自覚があるので、CANONのように被写体に意識が集中できる画のほうが楽で安心して見れるようになったにちがいない。 ここは老化予防のために隅々まで解像できるうえ、扱いにくくて難儀な今のカメラで脳トレを続けることで散財も防げるぞと。 ここで宣言しておけば自分にシバリがかかりますもんね(笑)


日曜は雨でしたので自転車で出かけられませんでした。 午後になってお天気回復したのでぶらぶらコーヒー飲みに出かけて官兵衛つまみにビールでおしまいな休日。 たまにはいいね〜♪


CANONブログ2.jpg

灰皿はピストン、スプーンはスパナ。
CANONブログ5.jpg

CANONブログ4.jpg




CANONブログ3.jpg


みんな大好き豊島園駅〜
CANONブログ6.jpg












 
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM