百年の孤独

  • 2018.11.21 Wednesday
  • 15:39

 

同名の焼酎のハナシではありません。 ずっと前から読もう読もうと思いながら、なかなか手を着けられなかったガブリエル・ガルシア=マルケスの「百年の孤独」。 やっと読了しました。

1967年に発表されるや世界中にラテンアメリカ文学ブームを巻き起こし、20世紀文学の最高傑作のひとつと言われたこの作品。 いつも次に読む本の候補には挙げつつも、自分自身のコンディションが調ったときに取っておこうと先延ばしにして来ました。

 

やはりすごい作品でした。和訳だと473頁。私の通常ペースなら3日もあれば読み終われるボリュームなのですが、読み進むのためにかなりのエネルギーが必要なので1日に30〜40頁が精一杯。結局2週間ちかく楽しみました。

 

南米の架空の街「マコンド」を開拓した一族6世代の物語。 彼らの屋敷を中心に現実と非現実が混在する不思議な世界が展開します。 読んでいる自分も19世紀〜20世紀にかけての南米、熱帯特有の熱気と狂気に近い旺盛な生命力に満ちた濃密な空気の中に身を置いた気分になって、気分は高揚するのですがちょっと息が上がる感じ(^^;

 

この作品を読み進むうちに、ふと既視感にとらわれました。 30年以上前に「夏の朝の成層圏」を読んで以来、長編はぜんぶ読んでいる池澤夏樹が書く小説の空気感によく似ていたのです。 読後に知ったのですが、どうやら池澤夏樹本人が、「本書を読まなければ ”マシアス・ギリの失脚” は書けなかった」と言っているくらい強い影響を受けたようです。やっぱしか〜(^^)

ほかにも、阿部公房、大江健三郎、筒井康隆、村上春樹など、ガルシア=マルケスの ”魔術的リアリズム” の影響を受けた作家はたくさんいるみたいですね。

 

あとがきによると、ガルシア=マルケスは本書の出版後に42の矛盾点に気づいたそうですが、あえて加筆・訂正はしなかったそうです。「なぜならそれは本書の連続性を失わせることになるから」とのこと。だいたい少々矛盾していても、もともとのハナシがぶっ飛んでいるので、細かいことはどうでもいい感じ。

 

奔放な性の描写や中南米特有の楽天的な死生観は刺激的。 物心つく前から社会で生きるためのがんじがらめの刷り込みを繰り返され、自分が窮屈な人生を生きていることにさえ気づけない日本人にはまぶしく映ります。 この本を読んで「いままで騙されてた!」と気づく人がいるかも知れませんヨ(≧▽≦)

 

2018.11.20ブログ.jpg

 

 

 

 

 

今さらですが「カウンティング クロウズ」気に入ってます

  • 2018.11.08 Thursday
  • 16:01

 

何回か前の更新でご紹介させて頂いた名栗みちの「Cafe やまね食堂」。 その後再訪したときに店内でかかっていたアメリカンなロックがすっかり気に入ってしまって、ここのところ毎日聴いています。

 

「カウンティング クロウズ(Counting Crows)」

CDを聴きながらご店主からバンド名を教えて頂いたとき、枯れかけたアラ還のイマジネイションの泉にぐるぐると渦が巻き始めました。 勝手な想像ですが、その名が「何かを生み出すでもなく、何かを攻撃するでもなく、ただ、世界のあるがままを観察するんだ」というバンドの姿勢の表れのように感じられたのです。

 

’70年代初頭、ロックという音楽が生まれてそれほど間もない頃に音楽に目覚めた私は、思春期の繊細な感受性や暴力衝動をロックを聴いたり演奏したりすることで増幅させたり発散したりして成長しました。 しかし、レコードやCDの制作技術のみならず、表現の手法にまでテクノロジーの波が押しよせると、そのリズムやメロディーに心は動いても、生の空気を震わせて作られたそれまでの音楽のように、本能的な部分で音を感じ取ることが出来なくなってしまいました。

以降はすっかり新しい音楽を追いかけるモチュベーションを失ってしまい、ふだん聴く音楽も打ち込み成分の少ないジャズや古いブルースなどがほとんどでした。

 

 

さて、音楽を言葉で語るのは無粋なことではありますが、批評するわけではなく「こんな風に好きなんだ」っていうのはアリですよね(^^;

 

カウンティング クロウズの音楽は、カントリーやブルースなどのアメリカの伝統的な音楽をベースにしているので、私たちの世代には馴染みの音作り。 バンド全体のトーンにもボーカルのアダム・ドゥリッツの声にも強い説得力を感じます。 とは言え私は英語が得意ではありません。 まぁ、もともと私は和物でも洋物でも歌詞の内容はろくに聞いてないので無問題。 きほん音楽は動物的に理解したいので非言語情報のほうが圧倒的に重要なのです。 意味が限定されてしまう言葉なんてオマケでいいのかなと。 それでも一応つたない英語力で歌詞を拾い読みしてみました。 バンド名から想像した通り歌詞は私的で日常的で且つ抽象的。 もちろんボブ・ディランやニール・ヤングのような挑発的な表現などまるでありません。 時代の空気感がよく反映されているように思いました。

 

下の写真は1993年のデビューアルバム「August And Everything After」のジャケット。 youtubeで検索すると、明らかなヒット狙いの「Mr.Jones」は再生回数がなんと1億回を超えていて2重にびっくりしました。 そんな大ヒット曲を今まで知らなかった自分に対してと、もうひとつはこんな昔ながらのアメリカンなロックがヒットしたことに対してです。

 

今の時代にこんなスタイルのバンドが売れたと知ってちょっと、いや、かなりうれしくなりました♡

 

2018.11.7ブログ.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

へっぽこウクレレ。録画してみました

  • 2018.10.17 Wednesday
  • 11:35

 

ウクレレを再開してあと2ヵ月で1年になります。 7〜8年前、初めてウクレレを購入したときには半年くらいで飽きて弾かなくなってしまいましたので、今回はわりと長続きしてます。

というのも、来月下旬に予定されている学生時代の音楽サークルのライブでは、なんとトップバッター(前座とも言う)で演奏させて頂くことになっており、練習しないわけにはいかないのです(^^;

 

今年のお正月のこと、しばらくぶりに弾いてみるかとウクレレを構えたとき、以前覚えた曲の運指がただのひとつも出てこないことに愕然としました。 私は五線譜が苦手なので脳で運指を記憶するしかないのですが、なにせアラ還の脳ミソ。それこそ指からこぼれ落ちる砂粒のようにはらはらと、、

 

それでもYoutubeなどの動画で気に入った演奏を見つけては、また一からパズルでも組むように目コピを続け、今では15曲ほどの運指がどうにかこぼれ落ちないで脳の中に収まっています。 残念ながら身体の使い方がヘタなので、弾いても弾いてもガチゴチに固い演奏になってしまって一向に上達しませんが(>_<)

 

数日前、ふと思い立って昼休みに録画してみました。どれもライブの本番では演らない曲です。

何度か撮りなおしましたが、カメラに見られていると、手なぐさみでぼんやり弾いているときにも増してひどい演奏になってしまいます。 ライブで活躍しているピアニストの患者さまに話してみたところ、「録音・録画は客前で演るよりヤバイですよ」とのこと。

ちょっと慰められましたが、まぁヘタクソなことには変わりありません(^^;

本番に予定している曲はもっと難易度の高いものばかり。さてどうなることやら、、

 

 

 

 

 

 

 

 

この曲は元ネタの動画からTAB譜がダウンロードできたので助かりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Cafe やまね食堂

  • 2018.09.18 Tuesday
  • 17:02

 

日曜日には、3週間ぶりにサイクリングへ出かけて来ました。ここのところ1ヶ月に一回くらいしか自転車に乗れていないので、漕ぐ力が落ちててしんどいのですが、そのぶん自転車で出かけることがちょっと新鮮に感じられました。

 

 

車に遠慮して路肩近くを走っていると夏草が脚に触れます。 子どもの頃、半ズボンで走り回ってたときのあの感じ(#^.^#)

2018.9.16やまね1.JPG

 

 

 

 

流れ着いた草が積もった中の島でくつろぐ鴨三羽。

2018.9.16やまね2.JPG

 

 

 

 

刈り取り間近の稲穂の匂いに郷愁を感じて脚を止めるとそこにお地蔵さま。

花崗岩が風化して「かしまし娘」の歌江さんっぽい表情になってました。 いや、お地蔵さま、歌江さん、どちらにもごめんなさい(^^;

2018.9.16やまね6.JPG

 

 

 

 

 

光りを求めガードレールをくぐって咲く花。名前は分かりません(>_<)

2018.9.16やまね8.JPG

 

 

 

 

 

ひさびさの林道奥武蔵支線。前回来たのはまだ新緑の頃だったかしら。 この日はもう初秋の空気でした。

2018.9.16やまね5.JPG

 

 

 

 

 

「朝夕には雨が降るかも」という予報でしたので、このコースで唯一眺望が開けるこの場所に脚を止めても、見えるのは谷筋の民家だけ。

2018.9.16やまね12.JPG

 

 

 

 

 

いつものように刈場坂峠を下り、国道299号を少し下って久通川沿いの道へ入ると陽が差してきました。 ハヤの泳ぎを眺めながらいっとき脚を休め、もういっちょ頑張って天目指峠を越えたらあとは下り基調の名栗みち。

2018.9.16やまね9.JPG

 

 

 

 

 

2018.9.16やまね7.JPG

 

 

 

 

 

天目指峠を名栗みちへ下りきった場所に「Cafe やまね食堂」という小さな看板が出るようになったのは、昨年あたりからだったでしょうか。 気にはなっていたものの、お腹いっぱいになったあとにまた飯能駅までの20kmを走るのがおっくうで、いつもスルーしていました。 ですがこの日はどうした加減か足が向き、河原のお店まで下りてみました。

2018.9.16やまね10.JPG

 

 

 

お店に入ったとたん、居心地のよさを確信しました。 スピーカーからは古いラグタイムが流れ、奥の壁面いっぱいに設えられた書棚には、ご店主の好みを反映した小説や雑誌が並んでいます。

私はその中にめざとく「Guitar Mgazine」の”材”の号を見つけました。 この雑誌はかなりマニアックなアコースティックギター弾きしか読みません。 その中でも材木だけを特集した号だけを棚に並べるとは、、これは確実にご店主が仕掛けたトラップです(じつは私もマーチンを弾いてた頃にこの号を買っていました)。 私のような客がご店主に音楽との関わり方を詰問しないわけがありませんもの。 書棚の中央には年季の入ったソプラノのウクレレが引っかけてありますし、ご店主が私と同じ音楽志向のアコースティックギター弾きなのは間違いありません。

メニューから、野菜の天ぷらと小鉢が添えられた手打ちうどんを選んで注文しつつご店主に探りを入れてみたところ、やはり思った通りでした。 忙しい時間にも関わらず、奥からPONOのテナーサイズのウクレレを出してきて下さり、しばらく音楽談義。 ふだんはマーチンD28でラグタイムなんか弾いてるそうです。

 

食後に頂いたコーヒーも絶品だったので、もしやと訊いてみたら、やはり名栗みちのヤナギコーヒーの豆でした。

また奥武蔵に出かけるたのしみが増えました♡

2018.9.16やまね11.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

お寺で合宿

  • 2018.09.12 Wednesday
  • 10:55

 

以前にも書きましたが、この11月に大学時代の音楽サークルの仲間たちと35年ぶりのライブを予定しています。

そのライブに向けて合宿をしようと言うことになり、4人のメンバーが浜松の先輩が住職を務めるお寺に集まりました。

ほんとうはもう一人参加表明していた先輩が居たのですが、単身赴任先の札幌で先日の地震に遭ってしまい、残念ながら不参加となってしまいました。

 

私以外のメンバーは昼頃には集合して乾杯らしいので、もうすっかり出来上がっている頃だろうなと思いつつ、半ドン終えて新幹線で駆けつけます。 晴れたり降ったりとめまぐるしく天気が変わったこの日、新幹線の車窓からどしゃ降りと晴れ間を何度も繰り返していると、まるで時間が早送りされているようで、到着したころには浦島太郎のような老人になっているのでは? などと、くだらない妄想で時間つぶし(^^;

2018.9.8光明山15.jpg

 

 

 

 

新幹線は浜松駅まで。 そこで遠州鉄道に乗り換えて終点の西鹿島駅まで30分のローカルな単線の旅。

2018.9.8光明山12.jpg

 

 

 

 

このお寺に泊めてもらうのはこの40年で5回目。 あまりの広さに何度来てもかならず迷子になります。 酔っぱらってしっまうとトイレにもお風呂にもたどり着けません(^^;

2018.9.8光明山10.jpg

 

 

 

 

音楽合宿のはずなのに、夜が更けるまで昔話に花が咲き、あやうくただの飲み会になるところでした。

しかし昔話とはおもしろいもので、みんなで会うたび何度も同じ出来事について話しているのに、今さらながらやっと謎が解けたり、新しい解釈が生まれたり。 中には40年ちかく内緒にしていた恥ずかしい秘密をうっかりカミングアウトしてしまう人も(≧▽≦)

2018.9.8光明山8.jpg

 

 

 

 

疲れとお酒であくびが出始めた頃、やっと和尚さんの遊び部屋に異動して本番に向けた打ち合わせ。

近隣にほかのお家がないのをいいことに、深夜なのに大音響で(^^;

2018.9.8光明山6.jpg

 

 

 

 

欄間の聴衆。 ほかにもGな虫や、おつまみにたかるアリさんなどもその辺をウロウロ。なごむわぁ♡

2018.9.8光明山7.jpg

 

 

 

 

宿坊で川の字になって爆睡。 床に就く頃はバケツをひっくり返したような雨でしたが朝にはすっかり上がっていました。

2018.9.8光明山2.jpg

 

 

 

2018.9.8光明山1.jpg

 

 

 

 

お世話になったお寺は、浜松市天竜区にある光明寺。 西暦717年に行基(聖武天皇から東大寺大仏造立の責任者として招聘された大僧正)が開いた歴史あるお寺です。 正面に見えるのは大黒殿。 日本一大きな大黒像があります。 一本の杉の木で彫られているそうです。

2018.9.8光明山5.jpg

 

 

 

 

こちらがその大黒さま。 境内で「大黒天がヒンドゥー教のシヴァ神の異名であり、日本に伝わったあと”だいこく”の読みが通じることから、神道の神である大国主命と混同・習合されてその後の大黒信仰につながった」などと、昨夜はベロベロに酔っぱらっていた和尚様から大黒さまの歴史をご教授いただき、その流れでこの日は光明寺の歴史もたどってみようということになりました。

2018.9.8光明山3.jpg

 

 

 

 

 

今では標高数十メートルの山の斜面にある光明寺ですが、本来はこの「元光明」と呼ばれる山の頂上にあったのだそう。

2018.9.8光明山19.jpg

 

 

 

 

こんな山奥に、今の光明寺よりも大きい伽藍が存在したようです。 残念ながら昭和6年の火事で焼失してしまったのだとか。

2018.9.8光明山18.jpg

 

 

 

山頂を抜ける心地よい風で涼を取りながら、和尚さまから光明寺の歴史を聞かせてもらいました。

このお寺の門前を通る古い山道は縄文時代から存在していたとのこと。 北は刃物や矢じりの材料として貴重であった黒曜石の産地である八ヶ岳や諏訪方面につながっており、遠州灘で取れた塩と交易する際に使われていたのだとか。 その後も交通の要衝であったらしく、戦国時代には今川氏に城として召し上げられ、その後武田、徳川と所有者が変わりました。 この地が城として使われている間、光明寺は現在の平地の場所に移されていたとのこと 。 江戸時代になり平和が訪れてやっと光明寺はこの山に戻れたそうです。

そしてまた昭和の火事で現在の場所に戻ることに、、 まぁ、平地のほうが先輩の通学は楽だったでしょうけど(^^;

2018.9.8光明山17.jpg

 

 

 

 

参道跡にある多羅葉の巨木。 樹形がおもしろかった。

2018.9.8光明山20.jpg

 

 

 

 

その後、みんなで昼食を共にして解散。 楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいますねえ。

 

 

 

帰宅してひと息ついた頃、釣りに出かけていた長男が帰って来ました。「管理釣り場で60cmのニジマス釣ったからさばいて」とのこと。家人は所用で外泊していたため、ふたりでクックパッドを見ながら理科の解剖感覚でなんとかやり遂げて塩焼きに。 ちょっと大味でしたが美味しかったです。

2018.9.8光明山16.jpg

 

 

やっとベッドにたどり着き、ライブの打ち合わせ事項を反芻してみましたが、酔っぱのテキトーなやりとりだけで本番に臨むのは、何かとってもヤバい気がしてなかなか寝つけませんでしたっけ(^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

旧作映画な日々(その8)

  • 2018.06.05 Tuesday
  • 19:51

 

陽気の加減か、仕事以外のことは何もやる気がしないので、久しぶりにamazonプライムビデオでおすすめ映画リストを見つくろっていると、昨年ケイシー・アフレックがアカデミー賞主演男優賞を受賞した作品「マンチェスター・バイ・ザ・シー」が目に留まりました。

 

マンチェスターといってもサッカーで有名なイングランドのあの街ではなく、アメリカはボストン近郊にある小さな港町マンチェスター・バイ・ザ・シーが舞台のヒューマンドラマです。

 

海から眺めた街の全景から始まる冒頭部分は油彩画のようなノイズやトーンがとても印象的。ものの数分で内省的な心に誘導されてしまいます。

 

主人公はボストンでアパートのメンテナンスを仕事をしているリー。3人の幼い子を持つ子煩悩な父親でしたが、何気ない日常のなかで起こった衝撃的な事故が原因で離婚し、故郷のマンチェスターを離れて暮らしています。

いちどは家族を持ってその家族をとても大切に思って過ごしていたのに、不本意なきっかけから失うことになったリーは、その喪失感からすっかり表情を失い、人生を前向きに考えるきっかけを探すことさえ疎ましく思える日々を送っていました。

 

そんなある日、故郷で暮らしていたリーの兄が急逝してしまい、リーはその兄の息子パトリック(16才)の後見人になります。兄にも離婚歴がありました。日常生活には問題がないものの、あまり予後の良くない病気を持っていた兄は、息子のことはもちろん、気の塞いだリーのことも心配していたので、リーの了承を得ないまま遺言に後見人のことを書いてしまっていたのです。 2人の揺れ動く心と表出される言葉や態度。 交わされるコミュニケーションにおける齟齬とそれを埋める深い愛情。

 

ストーリー展開にはまったく関係ない何気ない会話のシーンにおけるセリフや間がすばらしく、登場人物のそれぞれが受け容れがたいことを抱えながらも受け容れようとする際の葛藤や、人物同士の関係性における微妙な感覚のちがいや距離を表現するときの空気感が、ヒリヒリするほどリアルに伝わってきます。このあたりはちょっと日本映画的かもしれません。

 

たとえば、パトリックの父親が安置されている病院の前に停車した車の中で、遺体と面会するかどうか迷うパトリックとリーのやりとりなんかが気に入りました。

 

リー「どうする?」

パトリック「・・・」

L「家に帰るか?」

P「・・・」

L「決めてほしいのか?」

P「、、行くよ」

助手席のドアが開くのと車の発進が同時

L「あぶねッ!」

P「病院に行くんだってば」

L「ちゃんとそう言え!」

P「なんでキレんのよ」

L「轢くとこだったじゃねぇか!」

P「、、、悪かったよ。言葉足らずで」

 

う〜ん、文字で書いてもいまいち伝わらないなァ(^^;)

 

 

本編とは関係ありませんが、主人公リーが乗っている車は2001年で生産終了した二代目のJEEPチェロキー。じつはこの車、今まで私が所有した中でもいちばん気に入っていた車です。V8ではありませんでしたが、OHV直6の無骨さと運転席に座ったとたんに感じるアメ車特有のゆったり感が大好きでした。

 

この映画は自分の人生の出来事を上書きしながら生きて行ける人にはそれほど響かないと思います。それぞれの出来事にタイトルをつけてフォルダ保存してしまい、データが重くなりすぎて心がときどきフリーズしながらも、在るのか無いのかさえ分からない救いを求めて頑張っている人。はやいハナシが、傷を抱えながらも頑張ってる中年以降の男性にはものすごく響く映画だと思います(^^;

映画はだいたい1度しか観ない私が、この映画はめずらしく続けて2回観ましたっけ。

 

2018.6.5ブログ.jpg

 

 

 

 

 

 

関係人口って?

  • 2018.05.09 Wednesday
  • 11:36

 

いつもお世話になっている「サイクルショップあしびな」の自転車仲間にはおもしろい人がたくさん居ます。

「おもしろい人」とは、もちろんお笑い芸人的なおもしろさではなく、ライフスタイルや価値観が個性的で、ひとりひとりをもっともっと掘り下げて観察してみたくなるような人という意味です。

 

その、おもしろさん達の中でも私がいま最も注目しているのがM間くんです。 一流大学を出て一流企業に勤務するイケメン・アラサー男子なのですが、一旦仕事を離れるとこれがとんだ世捨て人で、自転車に乗らない休日には女っ気もなく、ひとりでフラフラと観光地化されていない離島へ旅して過ごすような極楽トンボです。

 

そのM間くんが紹介してくれたのが「関係人口をつくる」という本でした。

 

関係人口とは、旅行や物産のお取り寄せなど、何かのきっかけで人口減少に悩む農山漁村部に縁が生まれたあと、定住はしないまでもその地域との間に旅行者や消費者以上の関わりを持つ人々のこと。 その関係人口を増やして活性化に成功しつつある島根県の例について書かれたのがこの本です。

 

1950年の三大都市圏の人口は34.7%、その他の地方は65.3%。 これが2005年には前者50.2%、後者49.8%と比率は逆転してしまいました。 2015年の国勢調査では、日本の総人口は1920年の調査開始以来初めて減少に転じたのですが、減少したのは地方の39都道府県のみで、このままでは消滅していく自治体が増えていくことが予想されます。

 

しかし2014年の内閣府の都市住民へのアンケートでは、農山漁村部への定住願望がある人は31.6%に上り2005年調査時の20.6%から大きく増加。 中でも最も高い20代男性では43.8%でした。

 

数字だけ見ると「さっさと移住すればいいのに」と思いますよね。 しかし実際に地方に移住するとなると、仕事はあるの?現地のコミュニティに溶け込めるの?といった不安から、実際に移住を予定していると答えた人の割合は1%台でした。

 

これまでの行政の視点は、定住人口を増やす、あるいは旅行者などの交流人口を増やす。そのどちらに重きを置くかということに限定される傾向でした。 全国で2番目に人口が少なく「過疎」という言葉の発祥地でもある島根県の担当者は、そのような既存の取り組み方に限界を感じて雑誌ソトコトの編集長などを巻き込み、新しい取り組み方を模索しました。 そのソトコト編集長の指出一正さんは定住人口でも交流人口でもない関係人口を増やすことが地方の未来を開くことになると考えました。 具体的な例を挙げると、

 

|楼茲離轡Д▲魯Ε垢暴擦鵑如行政と協働でまちづくりのイベントを企画・運営するディレクタータイプ。

東京でその地域のPRをするときに活躍してくれる、都市と地方を結ぶハブ的存在。

E垈駟襪蕕靴鬚靴覆ら、地方にも拠点を持つ「ダブルローカル」。

ぁ岼掬歸にその地域が好き」というシンプルな関わり方。

 

なんだか楽しそう。

 

私が20代の頃はバブル経済の真っ只中で、本気で幸せがお金で買える物であると思っている人が多かったように思います。 若者は街の万能感に酔っていました。 そんな時代の価値観に違和感を感じたことも、私が会社員を辞めてちょっと浮世離れした今の仕事に転職した理由のひとつでした。

 

リーマンショックや東日本大震災など、日本人のそれぞれが深く自分と向き合う機会となる大きな出来事を経て、若者たちは固有の価値観に目覚め、経済的な豊かさ以外の生きがいを求めるようになりました。 筆者によると彼らは「足るを知る世代」。 たしかに自分の息子たちを見ても、物質的な豊かさに執着はなさそうです。 そんな彼らの中に、生きがいを感じられそうな場所として地方に目を向ける人が出てくるのは自然なことかも知れません。 

 

齢を取ることで出会う新たな発見に、「人生どんどんおもしろくなるもんだなあ」と思っていましたが、この本を読んでちょっとだけ若さに嫉妬しました。 いや、まだ何かできるかな。 てかカンボジアにも関わりたいしなー。 やっぱり齢なんか取ってられないじゃん(^^;

 

 

 

9784863241183.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

映画観るまでが長かったっておはなし

  • 2018.04.16 Monday
  • 19:00

 

土曜日の終業後、音楽評論家の患者さまから教えていただいた映画を観に行きました。

 

劇場は東中野ポレポレ。インターネット予約は受け付けておらず、劇場窓口で整理番号をもらう今やなつかしいシステムなので、封切日は混むかもと早めに出かけました。上映3時間前なのでさすがに若い番号でした。ちなみに午前中の上映は満席だったそうです。

 

整理番号を確保したあとは、時間つぶしを兼ねて古い機械式クロノグラフの修理を依頼するために西荻窪へ。 会社員時代の30年前に購入したのですが、そのあとすぐスーツと縁のない現在の仕事を始めてしまったので、オーバーホールもしないまま引き出しの中で眠らせていた時計です。

先週、入社式に向かう次男に使わせようと引っぱり出してみたものの、さすがにオイルが切れており、すこし動いたあとすぐに止まってしまいました。

 

ご店主の見立てでは修理費は私の予算を越えそうな雲行き。 ただ彼曰く「父親から息子へ引き継がれる時計を手入れするのは職人としてもうれしい話です。それにこのタイプは現在お客様の購入時の数倍の価格で取引されていますよ。ぜひ直して大切に使っていただきたい」とのこと。 そんなん言われたらねえ(^^;

評判の高い職人さんなので、正確な見積もりを出すまでにも2週間かかるとのことでしたが、もちろんお願いして来ました。

現在の取引き価格を聞いてしまったので、次男にはちょっともったいないなーと、、 さて誰の腕に巻かれることになるのでしょう(≧▽≦)

b0167617_14370353.jpg

(画像はトライフルのHPから拝借しました)

 

 

 

 

時計修理のお店から徒歩2分のところにあるジャズ喫茶JUHA。 時代にあわせてPOPでかわいいメニューなんか出してみても、このドアのしつらえが「ジャズ好きしか入るんじゃねえぞ」と主張してますよねえ(^^;

スピーカーはなつかしのDIATONE DS-77HRX 。 まだアナログレコードとCDの売り上げが拮抗していたころの普及品の名器です。もちろんレコードでアコースティックな時間を楽しんで来ました。

2018.4.15ユハ.jpg

 

 

2018.4.15ユハ2.jpg

 

 

 

 

 

お茶をしてもまだ少し時間があったので、阿佐ヶ谷のLAST GUITARでウクレレを数本試奏。 小金井在住のルシアー、濱田隆則氏によるインディアンローズ・シトカスプルースのコンサートサイズが素晴らしくてお持ち帰りしたくなりましたが、すんでのところで踏みとどまりました。 塗装はフレンチポリッシュでニカワ接着。ヘッドやブリッジの意匠は庭の柊の葉をモチーフにしたそうです。

クライマーでもある濱田氏の自然へのリスペクトがそのまま音に表れた繊細なトーンは、いつまでも弾いていたくなるほど魅力的でした。

2018.4.15ユハ4.jpg

(こちらも画像はお店のHPから拝借)

 

 

 

 

前置きが長くなりましたが、肝心の映画はなかなか重い内容でした。 タイトルは「ラッカは静かに虐殺されている」。

ここのところに来てやっとISILの支配が終わりを迎えたシリアの街ラッカ。 ISILが首都と定め、外部のメディアが入れなくなったあの街で何が行われていたのか。 危険を覚悟でスマートフォンのカメラを武器にISILに立ち向かい、世界にラッカの惨状を発信し続けたR.B.S.S(Raqqa is Being Slaughtered Silently/ラッカは静かに虐殺されている)のメンバーたちを追ったドキュメンタリーです。

 

顔出しで登場するのは、ラッカを逃れトルコやドイツから現地メンバーの情報を発信する数人。 しかしその潜伏先でも次々にメンバーが暗殺されていきます。 恐怖に怯えながらも父親が処刑される動画を繰り返し見て、自らを奮い立たせるひとりのメンバーの目から、彼の心の動きを探ろうとしましたが、遠く離れた日本でぬるい日々を生きる私などに彼の心の闇の深さが理解できるわけはありませんでした。

それでもせめて、世界のあちこちで何が起きているのかを知ろうとする努力だけは心がけていきたいと思います。

 

あとから知ったのですがこの映画、封切り前からamazonプライムビデオで公開されていたらしいです。なんかビミョー、、(´Д`)

2018.4.15ユハ3.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「いつかロロサエの森で」

  • 2018.03.13 Tuesday
  • 12:20

 

小学生の頃からおかあさんのお供で当院に来ては、待合いのベンチで漫画を読みふけっていたユウキくんも、いまや音楽療法を学ぶ音大生。 先日、打楽器の練習でバキボキに凝った肩甲間部をほぐしに来た際に一冊の本を貸してくれました。

「いつかロロサエの森で」。 報道写真記者の南風島渉という人が東ティモール独立前の7年間を現地で取材した手記です。

 

ずいぶん前にこのブログで「カンタ・ティモール」という映画のことを紹介させていただきました。 東ティモールが独立したあとの子どもたちの明るさや、25年間にわたってこの国を不法に侵略・占拠し続けたインドネシアをゆるしてしまう東ティモール人の気質の大らかさを描いた作品です。 その映画の監修を務めたのもこの南風島渉でした。

 

東ティモールは旧ポルトガル領。 おとなり同士とはいえ、旧オランダ領だったインドネシアとは400年以上にわたって言語も宗教もまったく違う過ごし方をして来たので、すっかり別の国になってしまいました。

1974年にポルトガルが植民地支配を放棄した直後にインドネシアの東ティモールへの侵攻が始まり、数年間で東ティモールでは人口の約1/3にあたる20万人が命を落としたとのこと。 この間はもちろん、その後も続いたインドネシア兵やインドネシアの支援を受けた民兵による拷問・虐殺・レイプなどはかなりひどいものだったようです。 民族浄化を目的として妊婦の腹を割き胎児を殺すなどということまでも、、

 

その後、東ティモールが独立を勝ち得るまでの25年間、独立派の兵士たちは山岳にこもってゲリラ戦で抵抗。 苦境にあっても彼らはテロ行為には走らず、インドネシア兵を捕虜にしても武装解除だけして本隊へ帰すということを繰り返しました。憎しみの連鎖は独立への道のりを困難にするという彼らの判断の正しさは、1998年のスハルト独裁終了時に新政権が急転東ティモール独立容認の立場を取ったことにも表れています。

 

 

インドネシアの不法な侵攻・占拠に対して国連はその行為を非難し、即時撤退を求める決議案を8回出しました(賛成国72、反対国10、棄権国43)。日本はそのほとんどに反対票を投じ、インドネシアに多額の援助を続けました。エネルギー源のほとんどを中東の石油に頼らざるをえない日本は、シーレーンの安全確保のため、またインドネシアからの地下資源や森林資源の安定供給のために、良好な関係を維持する必要があったのでしょう。

 

軍事はさておき、経済的には世界の中でも大きな影響力を持つ日本の国民で居る以上、その影響力がどう行使されているのかを知る義務があるのだと思います。世界情勢や政治の動向を追うことが好きな人にはあたり前のことでも、ふだんあまり政治に関心を持てない私などには、これがなかなか。 しかし25年間も虐殺を繰り返していた国を支持し、多額の援助さえ惜しまなかったと聞くとやはり無知の罪を感じずにはいられません。意識を改めねばと感じた次第です。

 

電車の中吊り広告みたいな帯のコピーが陳腐で逆効果な気が、、(>_<)

 

 

 

 

 

 

 

ひさしぶりにウクレレ弾いてます

  • 2018.02.27 Tuesday
  • 12:35

 

「マイブーム」って言葉はもう死語なんですよね? それに代わる言葉を知らないのであえて使わせていただくと、ここ一ヶ月くらい私のマイブームはウクレレです。 あ、もちろんカンボジア語学習も併行してますヨ(^_-)

 

学生時代は音楽サークルに所属して、ブルースやロック、フュージョンなどを演ってました。ヘタクソでしたけどね(^^;)

当時は肩より長い髪でエレキギターを背負って歩いてましたっけ。

 

↓素顔ははずかしいので、学祭の出し物でやったKissメイクの写真。

 

 

 

昨年のこと、その音楽サークルの先輩がLINEのグループを作ったのがきっかけで、今年11月に某ライブハウスで35年ぶりに同窓会ライブが開催されることになりました。 ドイツやイタリア在住の仲間もそれに合わせて帰国するのだとか(@_@)

 

学内ライブで演奏したオールマン・ブラザーズ・バンドの「ステイツボロ・ブルース」を覚えていてくれた先輩が、そのライブに向けて「またあの曲やろうよ」と声をかけてくれましたが、もう大音響でバンドをやるのもしんどいので「ウクレレで何かやります」と言ってしまいました。

 

思えば20年ほど前のこと、大学を卒業してからまったくギターを弾いていなかった私の前に、高校時代のバンド仲間のスーパーギタリストが現われました。 飲みに行ったあと彼のマンションで泊めてもらうことになり、その夜アコギでラグタイムをズビズビな感じで弾きまくられた私は完全にノックアウト。 1週間と経たずにマーチン00-18を手に入れ、デルタブルースやラグタイムを弾くようになりました。

 

しかし、マッサージや鍼の仕事が忙しくなるにつれ、右親指で6弦をスラップするブルーススタイルの演奏が仕事に障るようになり、5〜6年ほどでまたすっかり弾かなくなってしまいました。 同じころ自転車に乗り始めて時間が取れなくなったのも理由のひとつかも知れません。

 

そして2010年、ハワイ好きの自転車仲間に触発されてこんどはウクレレ。 これは指の負担も軽く、それなりに楽しめたのですが、やっぱり1年くらいしか持ちませんでした。 いろいろ理由をつけても、つまるところ飽きっぽい性格が災いして長続きしないということは認めざるを得ないようです(^^;)

 

 

まぁ、なにしろそんなことで7年ぶりにウクレレを弾き始めて1ヶ月。 11月の本番に向けて、ジェイク・シマブクロの曲やブルース、Jazzを何曲かYoutubeでコピーして弾いています。 夢中で弾いている間は、カンボジア移住計画の妄想も忘れられるので一石二鳥です(^^;

本番終わったら動画もアップしちゃおうかしらん(≧▽≦)

 

 

日曜には荒川をサイクリングして来ました。 カンボジアだウクレレだと浮かれている間にも季節は移ろっており、大好きな梅が咲いてるのさえ見逃してしまうところでした。

 

 

 

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM